このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年07月18日

ホンマでっかtv 夏の危険な勘違い 食物アレルギー 野菜パック 肌の露出で脱水症

7月18日 ホンマでっかtv
夏の危険な勘違い習慣
薄着は熱中症リスク増

肌の露出が、多ければ多い程
脱水症状になりやすい。
直射日光は、肌も暑くして、冷やす為の
汗もすぐ蒸してしまうため。
なので、風通しのよい長袖、長ズボンがいい
例えば、インドのサリーやアラブ民族衣装等。

ホラー映画を見ると血が凍る
オランダライデン大学の研究で血が固まり
やすい、凝固が活性。これは、
人間の進化で、ある程度観て、免疫を作る。

知識が身体の準備をするので、暑いのが
判っているグループの方が熱中症になりやすい
身体の器の知識、準備ができる。
小分けの情報の方が工合が悪くなる。
(かけ算の様に身体が準備するため)

食物エネルギーの専門家によると 
露出のある格好でキャンプ等
すると牛肉アレルギーになる。
これは、マダニが春〜秋にかけて活発に
露出してキャンプ等にいって気がつかず
マダニに噛まれて、牛肉アレルギーになる
牛肉のアレルゲンと同じ構造のため
ただし、血液型AとABは起こらない。
なので、帰宅後服をたたき、すぐ
シャワーで、傷ついた箇所も洗う
虫除けをつかう。

キューリを朝食べない様にする
ソラニンと云う成分が紫外線を吸収
しみのもとになる。
ソラニンは、パクチー、パセリ、セロリ
柑橘類に含まれている、
赤い食べ物には少ないので朝食べても
大丈夫 トマト、スイカ、桃、いちご
キュウリパックは、やらないほうがいい
食べ物は24時間、パックはやらない
皮膚から入った食物タンパク質
パック アレルギンが作用

豆腐1つ使い切れない方に上手な保存
残った場合 パックを捨て、新しい水を
毎日交換 5日は、大丈夫
こんにゃくは、逆にパックの水は、
捨てないで、抗菌、乾燥しない様に
もう一度戻し、再利用

カップルが一緒のベットでねると、
男性は、頭が悪くなる。
男性は、深い睡眠が妨害され
ストレスホルモンが上がる
一緒の女性は、睡眠が熟睡
ストレスホルモンが下がる
男性は本能的に女性を守ると思っている。

暑いと頭にくる(イライラ)の区別がつかない
28.4℃以上は、不要な口論が増える。
ので
喧嘩はエアコンでおさまる。
また、
寒いと、不安の区別がつかなくなる。


ドキドキと恋
花火デートを婚活カップルが行くと
9割が結婚する
人混みで手をつなぐ、暗闇ではぐれない
様にエスコートしてもらう等が理由

海でクラゲに刺されると納豆アレルギーに
なる 湘南サーファー 島根の漁師さんに
発生中
花粉症は、果物、野菜のアレルギー
年をとって嫌いになるのもアレルギーの恐れ
ブラマヨの吉田さんには、フラクショナル
レーザーをおすすめしていました。

ダイエットは、冬場の努力が夏
水抜き、塩抜き 急場しのぎは
血液がドロドロの脱水症状に注意
それは、こころが鍛えられていない。

とのことでした。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


posted by miew-miew at 23:16 | アンチエイジング 紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

林修今でしょ講座 平野レミ 栄養満点 最強秋野菜料理 髪や肌 肝臓にいい料理

9月12日 林修今でしょ講座

食の2大講習SP
平野レミさんが調理して東大ママ先生が教える
栄養が凄い最強秋野菜

平野レミさん&美人嫁がサッと作る
栄養満点マル秘ポタージュ
超簡単レミ野菜丼

免疫アップ
きのこ集まれポタージュ 8分
材料 マッシュルーム40g 椎茸2本
舞茸1/2パック 玉ねぎ1/2 スライス
オリーブオイル パセリみじん切り
バター15g 牛乳2カップ

1. 玉ねぎの薄切りをバターでソテー
生椎茸は30分から1時間天日干
2. 刻んだきのこ類を加え、牛乳1カップ
を加え中火で3分
3. あら熱を一瞬で取る為に冷やした
牛乳を加えミキサーで撹拌。
温かいのを好む場合鍋に移し温める。
4. 器に入れ オリーブオイルを
まわしかけ、パセリを散らす。

胃腸回復
レンコン3段活用バーグ
150gのレンコンを三等分にする
50gはスライス 50g粗みじん切り
50gすりおろしムチン倍増
1. みじん切りを炒める。
2. 鶏ひき肉100g 生姜汁小さじ1
胡麻油小さじ1 酒小さじ1 塩少々
味醂大さじ1 すりおろしたレンコンを
袋に入れて、炒めたレンコンも入れる。
3. スライスのレンコンに片栗粉を
まぶす。(焦げ防止)
4. 2の袋の先きを切り、フライパンに
レンコンの大きさ位に置き、その上に
スライスレンコンを乗せ、両面弱火で
2分ずつ焼く。

弱った肌・髪・肝臓の為の
チンピーラー丼 5分
1.ゴボウ 50gを600W 20秒レンジにかける
2.ゴボウを皮ごとささがきにする
3. 油大さじ1で炒める
人参50gもピーラーできったものも加え、
そこに キムチ100g 牛肉70gと
にら4ほん15gも一口大に切り加える
醤油大さじ1/2、砂糖大さじ1 白ごま大さじ1
を加える。
4. ご飯を丼に入れ、3をかけ、
中央に卵の黄身を乗せ、ごまをふる

栄養マックス 嫁姑の
ナイスな紫蘇味噌 5分
1. 茄子 2〜3本乱切り
2. 紫蘇10枚 味噌大さじ1.5を塗る
 叩きながら紫蘇を切る。
3. 油で茄子とピーマン2個を
  3〜4分素揚げする。
(ナスニンは油で揚げると流出を防げる)
4. 味醂大さじ1 砂糖大さじ1を煮とかす。
5. 火を止め、紫蘇味噌を余熱で加え
 揚げた野菜を和える。

佐藤勝利君は、めちゃくちゃ美味しいと。

番外編 わずか1分 
柿ピーで醤 (かきびーでしょ)
柿の皮をむき、食べやすく切る
ピーナッツバター大さじ3を水大さじ2で
溶き、醤油大さじ1/2を加える。
柿と一緒にソースの様に絡めて食べる。
デザート


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ





  
posted by miew-miew at 23:24 | アンチエイジング 紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

林修の今でしょ講座 肌老化 薄毛 肥満 癌の原因 紫外線対策 予防 レシピ

5月26日の林修の今でしょ!講座
はやしおさむが6月に学びたかった
紫外線の対策
老化の原因の8割にともいわれている。

シミだけでないしがいせんのダメージ
肥満、薄毛、老化、ガン
日比野佐和子先生 
抗加齢医学、アンチエイジングの専門家で
45才の美肌
ですが、3年前は16kgプラスの体重でしみがあった

紫外線の新事実
老化の原因、光老化
2013年フランスで発表
従来は、加齢や生活習慣が原因とされていたが、
今は紫外線げんいん。
強さのピークは、夏至6月20日頃

キチンと対策しないと皮膚がんになる恐れ
ほくろだと思っていたものが急に転移して癌に
見分け方、
形が非対称、周りがギザギザ、黒以外の色
6mm以上の大きさ、急激に変化した
上記の症状があれば、医師に相談。

浴びると薄毛
紫外線対策を専門医でしたところ薄毛が改善した。
理由は、
紫がいせんにより男性ホルモンが増えてしまった。
毛根の近く 酵素が結合して変化
毛母細胞を攻撃したため。

カラーやパマー、紫外線から髪を守る
ノンシリコンシャンプー

>>




名医がプライベイト対策
ダイエットにも。
強い身体をつくることで、diet効果に
新陳代謝をあげ、肌の生まれ変わりを早くして、
ダメージをウケてもシミ等になりにくい様にする。
代謝を良くすると脂肪ももえやすく減量にもよい。
そもそも
肌のターンオーバーは、20代で約30日
30代で約40日なので、若いうちに肌の生まれ変わりは早く
しみを留まらずにはがれ落ちてしまっている。
たいしゃを高めるのが最新予防に。

今まではブロックしたり、陽にあたらない様にしていたが
最新は、強い身体でだめーじを防ぐ、予防をする。

専門家の対策
1日5食
ビバリーヒルズでは5〜7を推奨
血糖値が高いと活性酸素を作られるためしみに
5回食べると血糖値の急激な上昇を抑えられる
脂肪が溜め込みにくくなる。
糖は、通常筋肉や肝臓へいくが、多過ぎると脂肪へ
身体のなかで余った糖が、肌の細胞と結合し
シワ等のもとにも。1にち5回の食事で血糖値の上昇を抑える。

ホワイトオムレツを食べる
卵白でつくる
卵白は紫外線で壊された皮膚の修復、ダメージを
良質なタンパク質が生まれ変わりを早く、しみが出来にくく。

風呂上がりに氷で首マッサージ
首の周りに脂肪を燃やす褐色細胞があり
代謝をあげてくれる。
その他、鎖骨のまわりにも。
身体を温めてから冷やすのが良い
首の周りを刺激して代謝をアップする。
褐色細胞は、首の周り93.5 鎖骨の周り75.6
脇の下57.0 
やり方
ペットボトルに水8割入れて凍らす。
(2割の空間は、持ち手確保)
転がす感じで、2〜3分冷やす。
冷たく感じる前に止める
18℃以下で活性されるのでキンキンに冷やす必要はない。

外出する前にイチゴを食べる

日焼け止めを塗り忘れた、油断してうっかり日焼けした場合の回復
肌のうまれ替わりを早くする
ホットヨーグルトを食べる
レシピ 作り方
40〜50℃の湯煎をするとヨーグルトが活性化して
腸が刺激され血流がよく栄養が届くため。
保湿効果も。

対策のまとめ
●1日5食
●ホワイトオムレツ
●風呂上がりに首を冷やす
●でかける前にいちごを食べる
●HOTヨーグルト



ランキングに参加中です。




にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


posted by miew-miew at 20:40 | Comment(0) | アンチエイジング 紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする