このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年06月24日

世界一受けたい授業 感染症最新対策法 ピンクスムージー 免疫力UP法

6月22日 世界一受けたい授業
兵庫医科大 服部益治先生

急増夏の感染症 最新対策法
P629197.jpg

もっとも怖い感染症 気を付けたい
食中毒 おにぎり
素手で握ると菌を繁殖しやすい
他に特に気を付けて欲しいPointは、
おにぎりの海苔を巻くこと。
朝から巻いていて、昼食べると
湿気が籠もり、繁殖しやすくなり、更に
海苔のたんぱく質が菌の栄養になること
も原因。
実験でラップを巻いてつくったおにぎり
を30℃ 湿気90%4時間置いた結果
海苔をまかないと菌は150個
海苔を巻くと480個
黄色ブドウ球菌等3倍に増加
お握りは、別に持って行って食べる直前
海苔を巻く様にすることが、大事
ちなみに、素手で握り海苔を巻いておくと
4時間後4万2千個にふえていた。

防ぐ体質に変えること。
かかりづらい身体だと、同じものを食べ
同じものに触れてもなる人とならない人
のさは、免疫力。
腸の動きをかっぱつにする。免疫力の
60%が腸にある。
腸を活性化で免疫力UP

腸活性化体操
やり方
1. 立った状態で、両手で肋骨の直ぐ下を
強くつかむ。その姿勢の全身をまま伸ばし、
息をすう。
2. お腹に手で圧をかけながら、
お腹と腸をつかい息を吐き切る
(前かがみになる。)
8回繰り返す1日に3セット朝昼晩行う。

免疫力UPの食べ物
食べて簡単免疫力アップ
一緒に食べると効果的な食べ物は
牛乳
動物性タンパク質が豊富。不足すると
活動が一気に低下。
牛乳と一緒に食べると免疫力が更にUP
するのが、
トマト
リコピンの強い抗酸化力は、菌やウイルスの
活動を抑えイ、免疫活動を補助する。

牛乳の脂肪分とリコピンの吸収率が上がる為
相乗効果でより免疫力が期待できる。
感染症のなりにくい飲みもの
ピンクスムージー
作り方
材料 トマト1個 牛乳200ml はちみつ大さじ1
ヨーグルト大さじ1 
1. とマトの種をとり、皮をむき角切り
2. ミキサーに牛乳、ハチミツ加え撹拌
3. ヨーグルトを加え混ぜる。
作り方は、ホームページを参照しました。

大石絵理さんは
牛乳は、苦手でも甘くてこっちは
美味しいと言っていました。





その他の感染症
年間60人の死者がでるレジオネラ菌
7年前の2倍になっていて咳、39℃近い
高熱とつづき、咳が止まらない状態
町の中でレジオネラ菌が多いところは、
噴水
水のしぶきで吸い込む事で感染
全て危険ではないが、水質管理ができて
いないことを危惧。体調が悪いときや
高齢者は長くいない方がいい。

近年夏にも発症。RSウイルス
呼吸器に影響通常寒い時期に感染するが、
昨年例年の3倍 森三中大島さんの長男も
感染 症状は、風邪がひどくなって、咳と
熱があり、5〜6日入院した。
オーストラリア等季節が逆の地域から
持ち込まれたのが原因。


感染症予防対策
15才以下に多い
ヨウレイ菌感染症別名人食いバクテリア
とも呼ばれていて昨年1万人以上が感染
イチゴ舌や悪化すると細胞が死に肌が
真っ黒になることも
予防は、うがい、手洗いは、もちろんの事
傷口から感染しないように、絆創膏で対策も。

各地で広がり続けるはしかの感染
今年3月以降沖縄から全国へ急速な感染
感染力はインフルエンザのおよそ10倍
世界で毎年9万人がなくなっている怖い
感染症。
2年前 兵庫県から、海外で感染し
39℃の熱とほっしんがあり発症後5日の
人が、2万5千人集まるジャスティビーバー
さんのコンサートへ行ったことから
厚生労働省が2次間感染注意喚起事態を
発令し、感染した場合は、
医師の指導のもと外出は絶対控えること。

とのことでした。



>>ドクターベジフル青汁


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




posted by miew-miew at 14:29 | 薬膳健康法と免疫力UP健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

薬膳健康法で病気知らず、食べたいだけ食べて免疫力UP健康法〜主治医のみつかる


8月4日の主治医が見つかる診療所
医師が、みずからの健康法を公開

バランスよく旬の食材を取り入れ
25年間病気知らずの
薬膳健康法は、神奈川県の橋口亮(まこと)医師
アレルギーやうつ症状の患者さんも改善の診療所
バランスよく食べ物を旬な食材を組み立てて食べる。
午前6時 朝の散歩
汗をかかないと体温調節ができないので、病気になりやすくなる

Point1
朝に汗をかいて体温調節機能を目覚めさせる

朝食
身体の熱をとり夏バテ予防するスイカのスムージーに
単体よりもあわせる事で更に効果を高めるので、
身体の熱を取る、トマトを加えて
身体の熱を取り、夏バテ予防スイカとトマトのスムージーを飲む

Point2
旬の食材を意識して摂る。

昼食
炭水化物をすばやくエネルギーに替え、疲労回復のカツオ
トマト、インゲンをうどんにのせた
ぶっかけうどん

シジミととうがんの味噌汁
しじみは肝臓の機能を高め
利尿作用と解毒作用のあるとうがんと組み合わせ、
肝機能を助ける。
また、お酒を飲んだ翌朝もおススメ

シジミがなかなか摂れないかたは、
一粒で、しじみ約300個分のオルニチン
15日分が500円でお試し出来ます↓


Point3
相性の良い材料をあわせて効果を高める。

夕食
土地の物を食べる事は健康に良い。
例:暑い国のパイナップルは、身体の火照りをさまし、消化を助ける。
アジと梅干しの水餃子
アジは身体を温め疲労回復
梅干しは消化を助ける。

Point4
土地の物を食べる

スイカの残りを煮る
スイカの皮の昆布煮だし
普段捨てる皮も身体の熱を取り、疲労回復
実より効果が高い
夏 火照って眠れない人にも良い
そして、全食(皮も実も全て食べる)が良い

姫野医師は、糖質が多いと、
スイカ、トマトは糖質が多いので血糖値を上げるとの意見も
おススメ度は★2.6でした。


昼食を摂らずそのかわり、夜は食べたい物を沢山食べる
免疫力アップ健康法は、
本能にまかせ、好きな物を好きなだけ食べても太らない
静岡県富士宮市診療所 山本竜隆医師
51年ぶり、5年前に診療所ができた地域で
特別な医療法統合医療(アリゾナ大学で学んだ西洋と東洋の医学をあわせたもの)
を地域で実施。
以前100kg体重があったが、半年で25kg減量その後キープしている。

午前4時15分太陽の登ったと同時
Point1 日の出と共に起きる。
自律神経を整え免疫力アップにつながる。
1時間ウォーキング
山道を歩くと脳が活性化される。
ストレスが解消され免疫力がUPする。
河川敷公園

Point2
毎朝山みちを歩く

朝食はエスプレッソだけ

午後4時お昼ご飯を結局食べない。

8時帰宅夕食は、11品
サラダ、茄子の煮物、豆腐、刺身、豚の肩ロース等等

その時身体が必要な物を摂る
本能のまま食べるので、1日1食
食べた後、しっかり休む
副交感神経を優位にし、消化吸収を良くするため
1時間は安静にするべし。
・・・なので
Point3食べたらすぐ寝る

おススメ度は★1.9


ランキングに参加中です。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by miew-miew at 23:55 | Comment(0) | 薬膳健康法と免疫力UP健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする