このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2019年09月19日

すだちがメタボの原因内臓脂肪を減らす?主治医がみつかる診療所

9月19日の主治医のみつかる診療所は、
動脈硬化を引き起すメタボリックシンドロームの
原因とされる内蔵脂肪が気になります。
今が旬の酢橘で減らす効果がわかった。
P919696.jpg

皮下脂肪ともうひとつ、
動脈硬化や糖尿病に関わる内臓脂肪
のふたつの脂肪があります。
特に気になる内蔵脂肪の為に
徳島県の神山町で98%が生産される
日本一の産地のすだち
みかん科みかん属常緑低木ゆずの仲間

スダチは、内蔵脂肪を減らす効果が
最新の研究で明らかになりました。
通常
さんま絞る、松茸に絞るなどで
食されますが、
徳島の方達の食べかたは、
食卓には、すだち酢を常備している。
絞った果汁だけでつくり
搾り器が各家にあり、冷蔵庫で1週間もつ。

醤油に入れると減塩効果も。
スダチ通の人はそのまま刺身にダイレクトに
酢橘酢をかける。
旬は8月中旬から10月中旬
スダチは、皮に効果があり
肥満を抑制も。
その成分は、スダチチンと呼ばれ
内蔵脂肪に動物実験で投与すると少なくなる。

うどんにスライスして皮ごと食べる
ビタミンA、C、Eと食物繊維も豊富で
美肌効果も期待。
産地の方は、肌がツルツルだった。

麦茶にスダチを入れる

すだち果汁の絞り方は、
皮を下にして絞ると、汁が落ちる時
皮からスダチチンも一緒に流れ落ちる。
P919699.jpg

皮を使った料理
味噌と砂糖、酒、味醂を煮て
皮のすった物を味噌に加える。
スダチ味噌は、
鶏焼きにも使える。
鶏肉にしお胡椒して、フライパンの
上にすだち味噌を乗せる。

いりこ飯に、すだちの皮と果汁を搾る。

素麺を食べる時すった汁と麺つゆに
付けて食べる

すだちおかか和えは、
輪切りにした酢橘におかかをまぶし
醤油をかけて食べる。


スダチのジンジャーティ
1 スダチの果汁をしぼり、皮を切り
 てん菜糖と果汁を 入れ煮込む
2 煮込んだ果汁 皮を湯に溶き 
  生姜の搾り汁を入れ混ぜる
スダチチンが内蔵脂肪を減らし、
生姜が代謝UP


※上記の写真は、かぼすを使用しています。



ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
posted by miew-miew at 22:23 | アンチエイジングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする