このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2019年08月15日

主治医が見つかる診療所 夏の血管ケア 最強ビタミンACE 

主治医が見つかる診療所
8月15日
突然死&ガンを予防 
三大ビタミンの新常識

脳卒中、ガン発症 ビタミンが大きく関わる
13種類あるビタミン
なかでもビタミン ACEが夏に大切。
肌の老化防止、目の健康
脳卒中・癌予防
食事制限、偏った食事、
慢性疲労、老化、ガン

ビタミンがまとめと摂れる最強野菜
管理衛生士の赤石定典先生によると
夏場、脱水をおこし、血液がドロドロに
血管のしなやかさが大事にいなる
心筋梗塞、脳梗塞発生の可能性があるとのこと。

そこで必要になるのがビタミンACE

ビタミンエースは、
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのこと

ビタミンA
皮膚、粘膜の保護、眼の健康維持
多くはいっているのが、
鶏レバー、豚肉、うなぎ、人参、家母お茶
人参ビタミンAが4.2倍になるのは、
卵と一緒に食べる鶏肉の胡麻油炒め
脂質を吸収
人参、胡麻油、卵
スイカビタミンAを豊富に1.4倍できる
保存方法は、常温。冷蔵庫は乾燥しやすい。
食べる直前冷蔵庫で冷やす。

ビタミンC
しみを抑える、肌ケア
鉄分の吸収を助ける。ガン予防
アセロラ、ブロッコリー、イチコ、レモンに
豊富に入っている。
レモンの無駄にしない切り方は、斜め切り
果肉がつぶれ、しっかり絞れる。

ほうれん草の調理法
水溶性なので、無駄にしない。
食べやすい大きさに切り、ふんわり
ラップをして500W1〜1分半
醤油、かつおをかける。
骨にも良い、
皮膚や、骨に含まれるコラーゲン
アミノ酸とビタミンCでコラーゲンが出来る。
合成を助け、骨を強く骨粗しょう症予防

ビタミンE
役割は、
血管のプラーク予防
血管を柔らかく
血流をよくする。
脳卒中予防に。

ビタミンEがずば抜けて多いのが
アーモンド 100gに30.0mg

りんご カットの仕方で4倍
皮をむかず、輪切りにして、
新の近くもむビタミンE、ポリフェノール
輪切りにすると芯の近くも無駄にしない。
ビタミンE
ポリフェノールなど、皮と種の周りに
特に多い。

ウルトラACE野菜
レモンの2倍 ビタミンEは、5倍
パプリカ
(最初は緑色)
1番多いのは、中でも赤色
網焼き
食べやすい大きさに切る。おすすめは
ポン酢

スムージー
カットし、種とワタお取り短冊切り
バナナ、リンゴ、レモン汁

金平
胡麻油を入れてフライパンで焼く。
効率良く食べるには、
切り方は、縦のスライス

とのことでした。

ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
posted by miew-miew at 23:41 | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする