このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2019年07月02日

奥園 アントシアニン レシピで高血糖を防ぐ たけしの家庭の医学

7月2日の
たけしの家庭の医学では、
糖尿病 脳卒中
食事の色でわかる 高血糖を防ぐ
食材 最強の紫色のフルーツ

奥園流ナス料理についてでした

アントシアニンの食べ方
加熱で少なくなるので、
生が効果的、
紫食材の茄子を使った奥園レシピ

自称 ズボラ流のなまくら料理家
奥園壽子さんの
急激な血糖値の上昇を防ぐと云われる
紫色の食材をつかった料理は、
茄子の塩漬けとアレンジ

基本の茄子漬けは、
灰汁抜きと味付けが同時にできる
かんたんレシピ
茄子は、1日1.5本で、1日の
アントシアニンの110mgが摂れる
優れもの。

材料
茄子3本 生姜1かけ、水200cc
昆布1×5cmを1枚刻む

作り方は、
1 茄子のヘタを取り、
縦に切り、それを斜めに切るのが
ポイント
斜めに切ると、浸かりやすく
柔らかくなる。

2 ポリ袋に、生姜、昆布(切る)
塩と水、茄子を入れ
何回も空気を抜き圧をかける。
空気をしっかり抜いて、
ポリ袋の上を結び、冷蔵庫で
1時間置いておく。
(それ以上置いてもあまり変わらない)

3 2のポリ袋の下、両端を切る
水の量は、好みで調節
ミョウガの刻んだ物や醤油を上からたらす。


アレンジ2品
中華風
茄子の塩漬けに、醤油、胡麻油
いりゴマを大さじ1/2
良くまぜる。

味付けのアレンジ2
おやつにたべるデザート風
ベースは、茄子の塩漬け
蜂蜜を好みの量入れ、
レモン汁1/2個分を混ぜ
千切り生姜一片を加え
冷やして食べる。

フルーツの様な感じになるとのこと。

蜂蜜の血糖値上昇の影響は?
食物繊維豊富な生姜と食べる為
糖の吸収は、比較的ゆっくりになるとの
ことでした。

その他の内容は
血糖値を下げる科

油断すると溢れた糖分が血管を
傷つけ、血管の老化や動脈硬化や
足の壊死
心臓、脳梗塞等命を奪うリスクが高い
血糖値が気になる方の為に。

ある色の食べものが血糖値の上げにくく、
する効果がああるとのこと
それは、紫色の食べ物全て
紫キャベツ、茄子、芋、ブドウ
ブルーベリー、ラディッシュ等

東邦大学の弘世貴久先生によると
色素成分のアントシアニンが
糖尿病発症を医学的に抑えると云う
論文が世界で200本もあり、
医学会で注目されている

中でもダントツは、ブルーベリー




ブルーベリーは、目にいいと云われて
いましたが、他にも証明されているようです。

そのブルーベリーを商用で最初に
栽培したのは、東京都小平のしまむらさんの
生活が紹介されていました。

ブルーベリーは、2013年
ブリティッシュメディカルジャーナル誌で
1週間に200g以上食べると
リスクが33%モ減少
予防効果があるとのこと
旬は、7月〜9月
女性の肌と同じ位の硬さが、収穫時。

シマムラ産は、空腹時の血糖値が
110以下が基準のところ99で
血管年齢は、実年齢74才のところ65才
1日どれ位どうやって上昇を抑えているのか?
一般の70代の方は、食後200を越え、
元に戻る迄3から4時間かかっていますが・・・

朝 リンゴ、小松菜、乳酸菌飲料と
ブルーベリーを鍋で10分煮たジュースを
加えて作ったスムージーをのみ、
その後朝食
筍、茄子、卵かけごはん、漬け物、みそ汁 、鮭
通常200のところ血糖値は、150で
ストップ。2時間後正常値へ
おやつに10時頃冷凍ブルベリー20粒
昼は、
焼そばを食べても最大値140
下がり方も早い
3時過ぎ冷凍ブルーベリー10粒
夕食後でも130と血糖値は、低い

マネポイントは、タイミング
血中濃度の上がる時の
2時間前に効率的に摂取タイミング
1〜3時間に最高値になる。
インスリンの働きを高めてくれる。
血糖値の上昇を効率的に抑える

健康診断も空腹時にはかるので、
その後ご飯を食べて急上昇しして
食後の高血糖が増える。

そもそも
血糖値とは、血液中の糖分のこと
血液の量は、2Lのペットボトル2本分
40L 
健康だと糖分は、血中に角砂糖1個分
白米1膳で15個分の角砂糖
ブドウ糖が、血管に吸収。
血液15個分、ホルモンのインスリンも
大量の糖分を細胞に届ける。
インスリンで、血液中の糖分が減り
角砂糖1個分に保たれる。
インスリンは、働きを助け
血糖値上昇を抑える。



ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村




posted by miew-miew at 21:17 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする