このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2019年06月18日

今でしょ講座 コーヒーvs緑茶 夏の5大病気別賢い飲み分け法

6月18日
林修の今でしょ!講座
コーヒーvs緑茶
体に良いのはどっち?
夏に危険5大病気
肥満・熱中症・脳卒中
肌ダメージ、夏風邪 症状別
賢い飲み分け

脳卒中
1日3〜4杯循環器系リスクが減る
5杯以上はその効果はみられなくなった。
1日に3〜4杯がベスト

血管が若くなるのか検証
静岡お茶畑で働く健康長寿さんは
日光の下で働いていても
血管年齢は、マイナス7〜10才

夏の脳卒中のリスクを下げる
血管にいいコーヒーの飲み方
食前or食後?正解は食前
血糖値の上昇をより抑える事が
出来るタイミングは、食前。
理由は、食事で糖質が胃や腸より
血管に吸収。量が多過ぎると血糖値が
急上昇、血管にダメージを与える。
コーヒーの血管に良い成分
カフェインんは、胃や腸で、
糖の吸収を防ぐ、食前の血糖値の急激な
上昇を抑える期待。
例えば、
パンの前に一口、食後にも
ホットでも、アイスでも違いがない
カテキン最強は
1日4杯以上で濃ソッチュのリスクが20%減


夏太り予防に関する研究
糖尿病のリスクが高まる夏太り
コーヒーか緑茶1日3杯
脂肪燃焼量が約2倍UP

夏やせ率は約16%で、
夏太り率は約25%で夏太りが高い
理由は、
夏は、疲れて炭水化物等かんたんな
食事で太り易くなる。
冷たいと甘さを感じない
糖尿病、動脈硬化、生活習慣病になりやすい

コーヒー1日3倍脂肪燃焼約2倍
クロロゲン酸が糖質吸収を抑える
糖質代謝を促進

カフェインリパーゼ(脂肪分解酵素)を
活発にするのでWの成分脂肪燃焼
運動と掛け合わせるとより効果的
運動前に飲むとクロロゲン酸、
カフェインは、飲んだ3時間
3時間がピークなのでその間に運動するのがベスト

まとめ
脳卒中 夏太り予防にコーヒーを飲むと
脳卒中のリスクが20%減
パワーUPは、食前に飲む
脂肪燃焼量が約2倍に

>>【機能性表示食品】血圧が高めの方に「ファインコーヒー」


肌のダメージ
緑茶は、紫外線ダメージ25%減る
きちっと対策しないと
シミや皺が取り返しがつかないことにも
そもそも
シミやシワの原因は、活性酸
カテキンで活性さんをの除去
カテキンポリフェノース
直射日光から、守る為の成分
抗酸化パワーが期待。
静岡の健康長寿の皆さん
血管年齢は、マイナス12〜13才
ビタミンCも豊富で3杯飲むとレモン1個分

飲むタイミング
陽にあたる。体の中の日焼け止め

夏風邪
治りにくく長引くと呼吸器官に影響肺炎につながることも。
感染で嘔吐下痢になると脱水になり
合併症の危険にも。

寒暖差で、免疫量が下がりぎみになる
風邪予防の為、医師が飲んでいいるのが、
緑茶
緑茶のカテキンがウイルスに付着
粘膜への付着を防ぐ





お茶が通常70〜80℃で飲むのがおいしいが
免疫力UPを期待できる温度は、
水出しでいれる
免疫細胞が活性化。つくりかたは
冷たい水でつくる。
お湯では50%だが 水は80%
500cc位飲めば、風邪予防が期待出来る。
また、
珈琲のカフェインは、気管支を広げ
咳止めの症状が緩和されると云われる。

熱中症には、緑茶
最新研究で判明 カテキン最強説。
体温より水分が失われる夏に
体温上昇を抑えるのは、水よりお茶
汗がかきにくくなる。
熱中症に特におすすめなのが、麦茶
カフェインでない電解質のミネラル豊富

とのことでした。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村





posted by miew-miew at 22:05 | アンチエイジングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする