このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2019年05月20日

名医の太鼓判 肌の救世主食材 シナモン生活 遼河はるひさんもシミ・皺減少

5月20日
名医のTHE太鼓判
芸能人の肌デッドライン宣告SP
女優遼河 はるひさん肌余命5年救世主はシナモン

しみ ほくろが重篤な病気に発展する可能性
チェック1
境界の不明瞭 左右非対称 色調不均一
徐々に大気宇なるしみ
いびつ、色がまだらなしみ
チェック2 
しみが赤くなってきた
チェック3 
ホクロにみえて、つまむとこりこりしこり
盛り上がったほくろいぼ

皮膚がんリスク 規定細胞がん悪性がひくい
原因の8割が紫外線
スポーツ選手の丸山香里奈さんは、選手時代
隠れジミが276個 紫外線対策をしていなかった
シワ、たるみは光老化
遼河はるひさんは、173個のかくれじみ
紫外線、加齢で肌再生できないものが、しみに。
肝斑の兆し
肝斑とは、頬骨の下 額にできる。
境界線がぼんりしているしみ
紫外線、スキンケアの他にホルモン
バランスも原因になる。

隠れしみ肝斑
野呂佳代さんも肌の炎症、シワ、たるみに
繋がる。
肌の病気8割が紫外線が原因
あらい過ぎ、皮脂の落とし過ぎ
角質がなくなり、紫外線をダイレクトに受け
炎症し水分が減少保湿出来づらく、
乾燥しやすい肌になる。
マッサージ等も肝斑になりやすい頬骨を避ける。
野呂さんは日焼け対策を全くしていない。
脂性にも保湿が大切。
皮脂分泌し、肌を守ろうとバリアをするので、
皮脂分泌を抑えたいひとは保湿が大切。
日光角化症 皮膚がんに以降の危険も。


しみの予防改善食材は、
スパイスの王様 シナモン
コーヒーにシナモン。
1日小さじ半分でしみシワ改善
しみやシワの原因の1つは、
毛細血管の欠如。血管が細く皮膚に栄養や
酸素が届きにくくなり、
紫外線等の外的要因がメラニン色素を刺激
しみ、皺の原因に。
シナモンは、
毛細血管を修復、甦ると云われる。
(大量に摂ると肝機能障害の恐れもある)
遼河はるひさんの
さつま芋、蜂蜜、シナモンの組み合わせ
腸活も食物繊維とはちみつで腸内環境を
整え、トリプルで肌解決へ。
遼河さんが夜必ずの習慣で
フルーツを食べるのは、柑橘系には、
紫外線吸収を助長するソラレンが含まれ
昼、オレンジは、しみや皺になりやすいので
夜食べるのが正解。

生姜焼きにシナモンも合うとのこと。(野呂さん)

りょうがさんは、シナモン生活で、
173の隠れ染みが、132個へ減少
肌細胞がうながされた。
放っておくとどんどん増えるしみや皺
中には、410から284になった方も
いらっしゃたようです。







ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村



posted by miew-miew at 23:29 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする