このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2019年04月02日

今でしょ講座 4月2日 名医が厳選 体にいい回転寿しネタ ベスト10

4月2日 林修の今でしょ講座
医師が選んだ、回転寿し

1位 イワシ
骨を丈夫にする栄養素がトップクラス
骨を老けさせない
日本漁獲量1位 EPA DHA等栄養バランスが良い
ビタミンDは、骨を丈夫に たった1皿で
1日の必要摂取量をカバー
18才以上の男女の必要量は5.5μg 1皿6.4μg
カルシウムは溶けにくいが、ビタミンDと
一緒だったら吸収が上がる
カルシウムと一緒にビタミンDを摂る事が大事。
また、ビタミンDは最新研究でガンのリスクが
下がると注目されている。また、
血中濃度が高い場合
血中濃度が低いとガンの発生率が低いと
ガンの発生率が高いと云う研究結果。
骨粗鬆症対策に
食べ物の他に紫外線(光)をあてるとできる
冬は食べ物。

2位 味がいいから鯵
豊富なタンパク質と適当な脂質
筋肉を老けさせない。
EPA DHA も筋肉の合成を高め分解を抑える
適度なepa dhaタンパク質を摂るだけでも
筋肉はつく 1食20g 高齢のあ方はもっと。
1日5g 鯵フライ 開きもおすすめ
筋肉増強 ビタミンD 低下が減る。
筋肉の合成をうながすビタミンDは、収縮も上手に。
アジは、高タンパク 大分県の関アジ
リュウキュウ丼
刺身醤油、タレを漬け
ネギ味噌をかける。

モモdeランジ  やり方
股、おしり 大よう筋
1歩 前に脚を踏み込み(後ろ足に注意)
2 後ろ足を戻る力でもどらせたい。
余裕のある人は更に遠くへ
キツイ人は、近くで机に手を。
テキパキと 2日一回左右10回が効果的。

3位 納豆巻き
納豆キナーゼ 
納豆独自でも血管に良いパワー
納豆キナーゼは、血栓撃退
レシチンは血管を丈夫に。
ダイズイソフラボンは血管をしなやかに
納豆は低温で食べる
50℃で活性が弱く70℃で機能をなくす
挽き割りは、ビタミンKが通常の5倍量

身体にいいサイドメニューベスト3
茶碗蒸し 
卵の成分 すし飯は、エネルギーに
ふとりにくい。
卵コリン 
太りにくい余分な脂肪糖質を抑える
2位枝豆
カルシウムとの相性が抜群更に強く
食べるタイミングは、食事の最初の方
血糖値上昇を抑える
1位 アオサのみそ汁
骨を丈夫に アディポネクチン 
マグネシウム  EPA DHA
血管を老けさせないパワー
血管を硬くと悪玉コレステロールを予防。
浅蜊のみそ汁なら、亜鉛が入っているので
髪肌を元気に。 温める
ガリ、ジンゲロールの殺菌作用
粉末のお茶
カリウム 長く摂取すると


4位 中トロ 赤身 トロ等いいとこ取り


5位  健康長寿 〆サバ
膝、腰、心臓元気 コエンザイムQ10 
心臓、血管機能
サバは鮮度が下がりやすい 
保存、生臭さを抑える為の酢。
コエンザイムQ10 心臓を動かすエネルギーを
つくる。 3代栄養素を使いやすくする。
心臓は、減りやすい
効率良くしめさばと一緒に食べると良いのが
油分を含むもの。天ぷら等
吸収をよくする。
サバは、赤身の海流魚。ヘモグロビンが多い
生と比較すると缶詰のコエンザイムq10他
カルシウムは、43倍(骨が食べられる)
ビタミンb 2倍 DHA EPAも1.3倍
名医おすすめ
ツナマヨをサバに替え、好みで塩胡椒する。


6位 まぐろの赤身
生まれた時から泳ぎ、疲れ知らず
疲労回復
イミダゾールジペプチド
細胞を傷つける活性酸素を抑える
赤身が1番多く含まれている。
骨の近い赤身 皮の近くが中トロ 大トロは4%
他に含まれるのは、渡鳥
もう1つの栄養素がビタミンB6
脂肪燃焼促進、エネルギーに変換
細胞を活発にして健康長寿
タンパク質が筋肉を作るのに良い。

冷凍鮪を栄養素を損なわず解凍する方法
暖かい(肌の温度)で3%の塩

7位大トロ
1貫で血管疾患予防、認知機能改善が期待。
EPA DHA血流改善+動脈硬化予防 高血圧予防
脂に多く含まれる。
最新研究で判明 
春の大敵家風症改善が期待
(免疫細胞を抑える為)
養殖鮪にepa dhaが豊富。 エサにヒミツ
養殖さかなに、毎日エサとしてサバ、イワシを
与え沢山蓄積。
養殖は運動がより少ないので脂肪が溜め込みやすい。

8位 ネギトロ
ネギのアリシン疲労回復
血管の老廃物を掃除してくれ疲労回復
骨の周りの中落ちからのまぐろとWの作用
疲れをとるには、最高の組み合わせ。



9位 出世魚のこはだ 
骨を丈夫にする栄養素 
カルシウムNo.1 小骨が多いが柔らかい
作り方
身を開き、塩を振り、20分。水で洗う
酢に漬けて、酢でしめる。20分寝かす
2〜3日寝かせる。
女性は骨粗鬆症のリスクは4〜5倍
一緒に食べると良いのが卵焼きビタミンD
骨の質をよくする。
うなぎでも良い。


10位 いかおくら納豆
血圧&血糖値の上昇を抑え
血管を老けさせない栄養成分たっぷり
血圧が高くなるのおさえるイカのタウリン
血液中の血圧上昇物質
寒暖差や運動で酸素不足になったり
睡眠不足、ストレスを感じるなどが
あげられている。
これらを抑えるのがタウリン
部位によって違いが有るが、運動をしている
ゲソの部分に多い。

イカの美味しさアップの調理法は、
鮮度を落とさない下準備として、皮むきに
布巾を使う滑らずつるんとむける。
そして、水洗いをしないで汚れも布巾で取る。
◯オクラのネバネバ成分が血糖値の上昇の
糖質をコーティング。
小腸からの吸収が緩やかに。納豆のペプチド
血圧上昇をおさえトリプルパワーに。

まとめ
1位 イワシ 骨
2位 アジ  筋肉 
3位 納豆巻き 血管
4位 中トロ 血管
5位 しめさば 心臓
6位 鮪の赤身 疲労
7位 大トロ 花粉症
8位 ネギトロ 疲労
9位 こはだ 血管
10位 いかオクラ納豆  血管


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

posted by miew-miew at 23:24 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする