このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年10月18日

食べながら楽して脂肪を減らす 糖質制限 ブログダイエット 主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所 10月18日
食べながら楽して脂肪を減らす
内臓脂肪を燃やし方
マヨネーズOKの真実

最新栄養学 食べてラクに体重を減らす
6000人の脂肪を減らし自らも−23kgの減量に成功
カリスマ管理栄養士の食べながら脂肪を減らす方法
伊達友美先生
糖質制限 (ご飯、パン等糖質が多い食品を減らす)

芸能人で実践
大神いずみさん、ダイエットで4kg減量も現在
3ヶ月変化がなくなった。

朝食でおススメしていなかったのが、具沢山スープ
食物繊維が量増しされ、脂肪を減らす栄養素が不足
ビーフジャーキーで補う。
筋肉や臓器を作る大切な栄養源
タンパク質が不足すると筋肉量がダウン
脂肪が充分に燃やせない
動物性タンパク質が良い。
吸収しやすく、鉄分、タンパク質、
Lカルにチンが脂肪を燃やし、代謝を上げてくれる。
Lカルにチンが牛肉に豊富に含まれている。

注意が必要なのは、ノンオイルドレッシング
実は油を減らしても 糖質はふえている。

その点
マヨネーズは、脂肪を減らす為に必要な
タンパク質、脂質が含まれている
理にかなった調味料
なので、適量を食べると満足度もUPし、
糖質制限にも。
更に
タバスコの様な発酵調味料 発酵食品は
腸内環境を整え、代謝を促進。
納豆を炒飯にいれるのも。

その他の注意として主治医から
人工甘味料は糖分ではないので、
脳はより甘いものを欲しがる様になる。
また、
他の主治医からは、腸の善玉菌の為に
野菜スープは大事で、鶏肉や豚肉を加える事で
ダイエットに繋がるのでは。

結果10日間で−1.3kg

とのことでした。

Lカルニチン入りサプリメント





こちらの記事を参照しました➡ 燃焼系 冷え性対策



好きなものを我慢しなくてOK
菊池真由子先生
スマホ パソコンでブログダイエット
バイキング西村さんが一度もお会いする事なしに
挑戦
内臓脂肪基準100のところ138 が
ブログダイエットをはじめた。
食べ物の写真と説明を毎食後UP
菊池先生が添削
2週間無理せず減らす。
アドバイスその1
1日3食キチンと食べてどか食いを防止しよう。
ビールも1日500mlなら飲んでも大丈夫

おススメは唐辛子それとも生姜?
答え 生姜
唐辛子のカプサイシンは食欲増進
ジンゲロールは、脂肪を燃やす
生姜オイルを作ってみましょう。
効果 効能は、脂肪を燃やし、減塩

レシピ
皮付きの生姜をみじん切りして
加熱したオリーブオイルが入った鍋にいれ
1分間弱火でかき混ぜ、冷ましたらビンに入れ
冷蔵庫に入れる。
パスタや炒め物に。

アドバイスその2
ビールを飲む時は、枝豆を一緒に食べる
ビタミンB1が糖質を分解
ビタミンB2が脂肪を燃やす

その3
刺身と焼き魚どっちがおススメ?
刺身 ビタミン類が多い
さかなの油 肥満に繋がる中性脂肪の増加を
抑えてくれるDHA・EPAが豊富

おすすめのスイーツは
シュークリーム ショートケーキ?
ショートケーキは、スポンジに砂糖がいっぱい。
カロリーも高いのでシュークリーム

結果
2週間 83.2kgが81.8kg −1.4kg




ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 23:05 | アンチエイジングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする