このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年08月18日

世界一受けたい授業 夏の危険 脱水状態 心筋梗塞対策 冷や汁レシピ

8月18日 世界一受けたい授業

は、時間帯によって様々な病気の
危険が急増
白内障がそのひとつ
白内障は、目の水晶体がにごり、視力低下
失明のおそれもある
夏の朝の習慣が原因になる。
それは朝のランニング(ウォーキング)
紫外線が目に沢山浴びて、水晶体が傷つく事で
ひきおこされる。
朝7時から紫外線量が上昇 要注意なので
サングラス等で目を守ることが大事
日本医科大学 横田裕行先生

安東アナで検証
朝食でコーヒーや緑茶を摂ると脱水状態を
引き起す可能性があるので、
麦茶等ミネラルを含むものを飲む。
脱水を気付く変化
それは、体重が1%以上減ると脱水状態
の可能性。放置しておくと、臓器不全になる
ことも。

対策は、寝室の温度を下げる。
寝る前にコップ1杯の水を飲む

脱水状態の共通点は、筋肉が少ない
筋肉の75%は、水分なので
身体の水分を貯える貯水庫の役目があるので
筋肉が少ないと体内に溜める水分が減る

の危険
朝から2時間座りっ放しはよくない。
夏の昼の危険は、脳梗塞
長時間座ると夏血栓の恐れ
血栓は、血管の水分が減り、血液ドロドロ
血栓が急増すると脳梗塞のリスク。
血の塊が血管を詰まらせ、血栓になる。
30分に1度立って、かかとを上げ下げしたり
足踏み等、下半身の血流を促す。

夏のよるの危険は、心筋梗塞
1日中日光にあたらないと、心筋梗塞を
抑えるビタミンDが摂れない。ビタミンDは
日光を浴びたいないでつくられる。
日中1日3分は日光を浴びる。その際
帽子、サングラス等で紫外線対策をして外出。

心筋梗塞に効果的な栄養素
国立がん研究センターが去年9月に発表
マグネシウム
豆腐や海草に含まれ、動脈硬化を抑制。
心疾患のリスクを30%減らす事がわかった。
併せてビタミンD(鮭)や血液疾患改善の胡麻が
おすすめ。
心筋梗塞対策
血液サラサラ冷や汁
レシピは、公式サイトを参照しました。
鮭フレーク 水200ml 顆粒鰹こぶだし 少々
豆腐150g キュウリ1本 味噌大さじ2
すりごま 適量  みょうが、大葉はお好み

1. 水に顆粒だし、味噌を入れ混ぜる。
2. 氷水もしくは冷蔵庫で1を冷やす
3 キュウリは薄切りにし、豆腐をくずし、
  器にもりつける。
4. 3に2を注ぐ。
5. このみで、鮭フレーク、胡麻、ミョウガ
  大葉を乗せる。


熱中症 脱水の原因突然意識もうろうに
なり、倒れるひとの
対策は、場所を安全奈処に移動し
意識確認後助けを呼ぶ。
呼吸を確認、横向きに寝かせる。

出来るだけ一人で行わず、助けを求める
様にとのことでした。



とのことでした。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




posted by miew-miew at 23:28 | アンチエイジング健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする