このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年07月17日

林修の今でしょ講座 猛暑を乗り切る最強ネバネバ食材 とろろ 綾野剛

林修の今でしょ講座 7月18日
夏の暑さを乗り切る
最強ネバネバ食材SP
綾野剛さんがゲスト いつも食べている
七色納豆 オクラやとろろ、まぐろ、いか
卵の黄身等がはいっていてご自身でも
つくっているとのこと。

薬学博士で田村薬局の代表が解説
夏場弱りやすいイを守る
夏バテ知らずスーパー健康長寿も食べて
いるとろろ 健康の秘訣

トロロ蕎麦が良いわけ
麺は吸収が高く、血糖値の急激な上昇を
まねくが、とろろが抑えてくれる
また、そばは胃を冷やすが、とろろで
温めてくれる
牛タンと麦ごはんととろろの組み合わせは
脂っぽさをコーティングしてくれ
麦飯の消化を明日ける

手が痒くなるのは、しゅう酸カルシウムの
結晶がささるため。
かゆくならない為に
1. 水1Lに対しお酢小さじ1をいれたものに
   手をつける。
または、2.持つところの皮をむかない。

足腰を老けさせない栄養素
ジアスターゼ
生で食べられる 胃潰瘍、消化不良予防
胃をふけさせない。
胃液を分泌 正常にする様にもっていく
澱粉を細かくし吸収されやすい
ジアスターゼで余分なものを胃に残さない。

暑い夏おすすめ 胃を守るレシピ
は、
とろろ+梅干しに冷たいだし汁の
お茶漬け

ジアスターゼの働きを活性化
消化の働きをたすけるのは、

夏は消耗するので、足りない体液を
増やす。そして、クエン酸で胃を殺菌し
活性化させてくれる。
クエン酸とジアスターゼダブルのパワー
まぐろの山かけも良い。

カロリーが少ない100g69kcal 80%が水分
他に比べてcalすくなめ。
長いもをすることで、より細胞が分解
ジアスターゼを吸収するので、
生で食べられる 酵素は40℃でもっとも
働く。 60〜70℃でこわれる

その他のとろろの成分の中で熱に強い
のは、グリカン
足腰、骨折、打ち身
食べたら腱を作るスイッチが入る
グリカンは加熱してものこる。

自然薯がすごい。
最新研究で、ジオスゲニンと云う成分が
2011年がンの予防効果が静岡大学で、
マウスですが、発表された。
また、
認知症予防最新研究では、
アルツハイマー のマウスに注射で
アミロイドβーが 大脳皮質で70% 
海馬で50%が減少した。

満腹レシピ
栄養 カロリーを抑えて健康的
余分な脂を吸収しない
磯辺揚げ
小麦粉を使わず30%カット
ピザの生地に入れるとカロリー割カット

夏バテ防止
とろろ、しめじのだし巻き
卵にとろろと、しめじを入れ混ぜて
普通の卵焼きの様につくる。
タンパク質、ビタミンも摂れる

とろろのすり方
目の細かさとスピードが鍵
中の酵素がでやすい。遅いと空気にふれ
酸化するので時間をおかないで食べる。

保存方法は、酸化が進むと栄養素を失う。
あまったら、ラップに包み冷凍
新聞に包むと保存がきく

お店で買う時は、
ハリがあって、 皮が薄く
固くて重いもの。

とのことでした。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ







posted by miew-miew at 23:16 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする