このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年06月30日

ジョブチューン 医者も認めた本当に身体にいい薬味 肥満 老化 血管若返り 骨粗しょう症

6月30日 ジョブチューンSP
薬味のパワーで夏の身体の不調を
乗り切れ!
血管の老化 膝痛血液サラサラ、
冷え性 糖尿病 骨粗しょう症
肥満を予防改善 医師が認める
調味料を発表

高血圧予防 改善ににんにく
おすすめレシピ
ニンニクトマトのサラダ
トマト1個とニンニク一片 オリーブオイル適量
リコピンとの組み合わせがいい
オリーブオイルはニンニクの臭みを消す
トーストの上に乗せても。

血糖値上昇を抑え糖尿病予防にも効果的
U型糖尿病は空腹値110以上
食後140以上が既に予備群
夏場は、汗をかき血液の水分量も減る
薬味は オクラ
鹿児島大学 中野隆之先生
オクラには、水溶性食物繊維と
不溶性食物繊維の両方が含まれ
ブドウ糖を抱き込むので糖が吸収さらにくく
外へ出る様になる。
また、ネバネバも糖を吸収されにくく
血糖値の急上昇をおさえる。

農家さんの食べ方、
素麺の汁にきざみおくら
味噌汁の具に豆腐と生のおからを刻みいれる。
熱に強く様々な料理に使えるのが特徴
中野先生イチオシレシピ
糖質カットヘルシーなお好み焼き
オクラ20本 キャベツ1/4個 バラ肉150g
卵3個 薄力粉200g
作り方
1.サッと洗い水切りしたオクラをみじん切り
2.和風だし、卵薄力粉を加える
3. 良くかき混ぜ粘りをだす。
4. 豚肉を乗せ両面焼く

もうひとつおすすめレシピ
オクラ肉巻き 夏バテ予防
豚肉のビタミンB1が糖の代謝をさかんに
して身体を元気にしてくれる
夏バテ防止ビタミンと云われている。
また
便秘にも良い事に
保存方法
シャキッと復活する方法は、濡れた新聞紙を
しぼり、巻き、ビニール袋二入れ冷蔵庫に
一晩
1食2〜3本が効果的
加熱後も栄養素が摂れる。

血液サラサラ
暑くなり、汗をかき、血中の水分が減り
血液ドロドロになり、血栓が血流を
せき止め心筋梗塞のリスクが高まる。
血管の病いを防ぐ血液サラサラ薬味

長野で多く生産されている
ワサビが玉ねぎと同様の効果
出血を止める成分が強過ぎると血栓に
なるが、血液の固まりをゆるやかに
してくれるのは、日本のわさびのみ。
1日の摂取量は5g 小さじ1程
スーパーに売っている加工品は、
本ワサビ使用と書いてあるものを選ぶ
生産地での食べ方
砂糖を入れ苦みが消え辛みを強く
唐揚げに付ける、(油からさ中和)
味噌ワサビをつくりキューリに付ける
専門家イチオシレシピ
ワサビ丼
ご飯に鰹節、ワサビをかけ、さっと
醤油をかける
鰹には、DHA、EPA等の血液サラサラ成分
がはいっているのでワサビとW効果に。
他には
麦焼酎のワサビ割も良い。
二日酔いの原因アセトアルデヒドを解毒

本ワサビ保存法
1本まるごとすりおろし、冷凍ジッパーの
ついた袋に入れ空気を抜いて冷凍
1月以上持つ。使う時は、ぱりっと割って
風味、辛みもそのまま


膝痛予防改善に効果的な薬味は生姜

1日20g
なるべく加熱せずに食べる。
内容は、
腰痛予防改善生姜レシピで。



血管の老化を防ぐ薬味 
βカロテンが豊富な青じそ

血管が若くて健康ならゴムの様ですが、
コレステロールが溜った加齢の場合
内側の弾力がなく、硬く、動脈硬化を
引き起す可能性がある。
この時期 暑いところから急に冷房のきいた
寒いところへいくと。寒さで血管が縮み
血圧が上昇してしまう。
生産日本一 愛知県豊橋
農家さんの血管は実年齢52才血管年齢32才
実年齢49才で血管年齢は24才の型も

青じそのβーカロチンは、小腸でビタミンAに
替わり、悪玉コレステロールの原因活性酸素と
戦ってくれる。

天ぷらは、βカロチンが熱に強いので◯
調理の制限は無い。
おにぎりに梅と一緒に入れ その後海苔の
替わりに巻いて食べる。
動脈硬化改善ポリフェネール
ロスマリン酸が食後血糖値の上昇を抑える急
上昇を抑える。脂質蓄積予防

プリンは牛乳と大葉をミキサーにかけ
大葉でハチミツソース

専門家おすすめレシピ
チヂミ ニラやねぎの代わりにつかう。
大葉30枚 こな100g 卵1 サラダ油大さじ2
胡麻油大さじ2
βカロテンが油と一緒だと吸収がよくなる

保存方法
ビニール袋に入れ湿度を保ち密封しない
サッと水にくぐらせ、水気を切り
ビニール袋に入れ折り畳む程度で
隙間をつくる。冷蔵庫にいれ1〜2週間


骨粗しょう症 予防に効果的な薬味は

骨密度が減り骨がスカスカになり骨折
しやすい状態の骨粗しょう症
予備群を混ぜると1300万人が悩む
特に50才以降の女性が減少している。
生理的になりやすく、50才以上3人に1人
近年過度のダイエット等で20代で発症も
夏は水分補給をするので、汗をかき
カルシウムは汗と尿から体外へ。

和歌山県が全国の6割を作っていr
週5個以上食べ61才1494が平均の
ところ骨密度1508と平均を超える。

医学博士の中村美沙先生
クエン酸がカルシウムの吸収を上げる
カルシウムだけでは、丈夫な骨になりにくい
クエン酸等と一緒に食べて予防に。
梅干し、梅ジャム、梅酒でもなんでも
ハチミツ漬けでも効果がきたい。
骨粗鬆症以外、肥満、アンチエイジング
糖尿病予防 血液サラサラ しみシワ等
梅干しは唐揚げ、焼き鳥にも。
おすすめ
梅に乳製品とツナと一緒に食べる。
うめグラタン
しめじ50g 玉ねぎ60 ジャガ芋50g
チーズ 梅 ベーコン
ホワイトソース200g 

牛乳、チーズはカルシウムが豊富 
梅のクエン酸でWの効果

梅ツナごはん
梅3つ ツナ缶1 コメ4合 生姜 ネギ
ツナのビタミンD カルシウムの吸収を
促進。
保存方法
8%以下 冷蔵  15%以上日陰常温
1週間1〜2個程度
カルシウム豊富

冷え性 即効性 みょうが
高知県で摂れる 
高地県立大学 渡邉宏幸先生
即効性がある ミョウガのアルファーピネン
血流を良くする効果
体温が高まり冷え性にいい
また、食欲増進 消化促進に夏バテ予防

鰹のたたき
EPAで血液更にサラサラ
ちらし寿司 
専門家イチオシ冷え性レシピ
ミョウガ3個 ちりめんじゃこ20g 
コマ油大さじ1 塩少々
千切りにしたミョウガに塩をふり
ちりめんじゃこと胡麻油を和える
おさらい
冷え性にはみょが 1日目安2個
加熱せずに調理する

肥満予防 改善に効果的な薬味
すだち

薄着の季節でお腹周りは4人に一人が
悩んでいる
見た目だけでなく、糖尿病、心筋梗塞
脳梗塞の引き起すことにも
国内シェア98%は徳島県
徳島のSoulフード
徳島大メタボ抑制に研究 左藤桂子先生

肥満予防成分 香りはリモネン
血行促進 新陳代謝アップ
中性脂肪にヒペリジン エリオシトリン
スダチキンは、脂肪 糖尿病改善にも
農家さんは、素麺、冷や奴、刺身醤油
味噌汁にも皮をすりおろしていれる
1/3で肥満に効果
果汁と皮を両方使うレシピ
すだちいりのつくね
すだち2個 鶏ひき肉150g
長ネギ1/4 醤油 小さじ1 塩砂糖
鶏ガラ小さじ1/2 卵黄1 片栗粉

美味しいスダチの見分け方
お色は濃い緑色
1日1/3個分皮で効果 皮ごと料理

とのことでした。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ






posted by miew-miew at 23:15 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする