このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年04月25日

ホンマでっかレストラン 木下優樹菜さん 中華丼 バンバンジー レシピ 骨粗しょう症予防

ホンマでっかtv 4月25日は、
ホンマでっかレストラン
木下優樹菜さん(ユッキーナ) 
家庭で作っているお父様直伝の
中華丼とバンバンジー(棒棒鶏)でした。

中華丼の作り方 レシピ
1. 豚肉とおろし生姜で和え、酒を
 加えて塩胡椒で味を整え、下味を漬けておく。
2. 人参を1度一口大に切り(乱切り)
  その後薄くスライス、
長ネギは斜め切り、 生姜は千切り
椎茸は、そぎ切り、小松菜はざく切り
木耳を切る。
3. 水、鶏ガラ、オイスターソース
 醤油、砂糖でスープを作る。
4. 油を敷いた中華鍋に豚肉を入れ
きつね色になるまで炒める。
人参、ネギ、椎茸、小松菜を加え炒め
スープと水を加え、ウズラの玉子を入れる
5. 水溶き片栗粉を入れとろみをつける。


バンバンジーの作り方 レシピ
1.キュウリを千切り、トマトは乱切りにして
 皿に盛りつけておく。
2. 鶏ささみに、酒を加えシリコンスチーマー
 にいれてレンジ600W3分半加熱する。
3. 2のあら熱がとれたら、裂きく。
4. 1の皿に乗せ、胡麻ドレッシングをかける 
 好みでラー油をかける。

ホンマでっか情報

女性の方が料理を考え込んで
家庭料理でストレスを貯める。

木下優樹菜さんは、子供の頃から料理し
スキル、食材を選ぶ事と、健康的食事を
身につけていた。
料理は、遺伝上手く組み合わせて行動する。

中国には、中華丼はない。日本の料理で
バンバンジーも中国ではキュウリも
トマトもない。

子供の前でけんかはしない方がいい
喧嘩をして、キチンと着地状態だったら
子供の教育になる。
コミュニケーションの着地

椎茸は、切る事で細胞が破壊され
酵素の働きで、うま味がです。
薄切りして冷凍し、回答して調理
すると酵素でうま味が倍増する。

ハスキーボイスの女性は浮気しない傾向
高い声の女性は、魅力にみられ男性から
口説かれやすい。

中華丼は、冷蔵庫の余り物でつくる。
冷蔵庫の棚卸し
普段から材料を少しずつ余らせて
溜ったら中華丼を作ると1食分浮く。

思春期に父親と仲がいいと、精神的に
よくなる。

食事に一人にひとつあたる料理と
大皿料理の両方だすと子供は嬉しい
2〜3才で自分のものに執着を憶える

小松菜と木耳と油の組み合わせは
カルシウムとビタミンDで骨粗しょう症に
よい。小松菜にはビタミンkとカルシウム
木耳にビタミンD
骨作りを促進してくれ、ビタミンD、K
は油に溶けやすい。

うずらの玉子のオボムコイドは、人の
腸内にある物質と親和性がある
ので、アレルギー反応が置きにくい
風疹や風邪のワクチン等、ウズラの
玉子を使用する事もある。

冷凍する際 牛乳パックをつかうといい
牛乳パックをキレイに洗い半分位
に切り、四隅に切り込みを入れ
食品を入れ、フタをして輪ゴムで留め
冷凍できる。上に重ねる事もできる。

シニグリンと云う成分を含む
洋芥子は、温まる、気分が良くなる他に
ガン細胞を自滅させる作用がある。
大きくなる前初期のガンを退治

キュウリをいっぱい入れ、満腹中枢を
刺激、はやくお腹をいっぱいにさせたい。

お味は東京下町のあじ
沢口先生は東京葛飾区の出身
優樹菜さんとスグ近く。
ホンマに男はつらいよ
とさんまさんに云われていました。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 23:56 | ホンマでっかtv レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする