このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年04月24日

その差って何ですか?納豆の栄養効果を最大限に得られる食べ方 レシピ

4月24日 その差って何ですか?

栄養効果が得られる納豆の食べ方
そうでない食べ 方
発酵食品が大ブーム 
健康に良いとの事で著書も多数
どんなものを食べていますか?では、
1位納豆 2位ヨーグルト 3位味噌 4位酢 5位米麹
納豆の食べ方で間違っているものについて
白澤卓二先生にきいてみた
栄養効果が得られるのは、冷ました方
アツアツでは栄養素が死んでしまう為
なかでも納豆キナーゼは(脳卒中や心筋梗塞を
予防する作用があるといわれる)70℃以上で
死んでしまう。
45〜50℃でかけて食べると大丈夫
ですが、納豆には、その他にも食物繊維
マグネシウム、鉄、カルシウム等は
温度が高くても良いのですが、
ビタミンB1も高温に注意が必要。

納豆を食べると効果的な時間帯は、
心筋梗塞や脳卒中予防のために食べるなら
血管が血液で塊発症する病気なので、
固まる時間は夜なので、その時間に合わせて
食べると納豆キナーゼが塊を溶かし
サラサラにしてくれる。
・・・ですが
食後スグ効果がでない。4時間かかるので、
逆算して寝る4時間前に食べる。
と寝てすぐ活性化してくれ、効果は、8時間
朝迄残る。
一旦できた固まりを溶かすナットウキナーゼ
過去に心筋酵素を起こした方には
再発予防のために食べると良い。

トッピングで栄養効果を逃しているのは、
生卵
ハダ荒れや髪のパサつきを改善してくれる
ビオチンと云う成分は、
玉子の白身にあるアビジンと云う成分で
吸収されなくなる。黄身だけならよい。

その他
キムチの辛みカプサイシンは、血管の
拡張、新陳代謝の促進にも。
サプリはこちら↓↓
>>納豆とキムチ。タマネギとDHAでサラサラ習慣【納豆キムチ】


ネギの硫化アリルは血液サラサラ効果を
倍増させてくれる。

納豆と牛乳は最強トッピング
カルシウムは吸収されやすいが、その後
骨になりにくい成分。
骨に届くには、ビタミンKがダイレクトに
届くので、一緒に食べるとカルシウムの吸収を
促進。骨粗しょう症予防に。

牛乳と納豆のレシピは、倉本聰さんが考案
北海道の料理なのだとか。
牛乳納豆茶漬け

材料 牛乳140cc うす口醤油小さじ1 
だし60cc 納豆、ご飯、ネギ適量
作り方
牛乳、だし、薄くち醤油を温め
ご飯に納豆をのせ、かける。
(温度に注意!!)
食べた感想として、チーズリゾットの様な味
とのことでした。

挽き割り納豆は、粒納豆より、断面が広い
ので、その分ビタミンKの含有量が多い
その他にもスペルミジンと云う認知症予防の
効果があると云われる成分も含有している。

結論として
ちょっと冷ましたごはんに挽き割り納豆を
かけ、夜牛乳と一緒に食べるのが
栄養効果が1番ひきだせる食べ方。








ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 20:56 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする