このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年04月12日

ソレダメ 油の正しい食べ方 抗酸化作用 ともやしのアスパラギン酸

4月11日 ソレダメ!生活力検定
目指せ!
身体スッキリ話題の最強食材SP

健康になる為の油の選び方正しく摂ると
より健康に
最強食材の
油のカロリーはどれも同じ1g9kカロリー
唐揚げは1日のうちいつ食べる?
朝がおすすめ エネルギー源で消費されやすい

油博士森口とおる先生 麻布大学
によると
脳の60%が油でできているので、
油あh不可欠
加熱していいのは、紅花、オリーブオイル、
米油、キャノーラ油
加熱しない方がいいのは、
サラダ油、亜麻仁油、エゴマ油、胡麻油
加熱すると
お腹の調子が悪く、老化が進む

胡麻油やサラダ油も短時間ならOK
長時間高温にすると酸化してわるい
胡麻油は、煮物や炒め物の最後の仕上げにする。

熱に強い成分は変わらない
普段の家庭料理に天ぷらにすると凄くおいしい
おすすめはオリーブオイル
熱を加えても酸化しにくい油っぽくなく
カラッと揚がる。
炒め物にもおすすめ。値段に差があるが、
どのオリーブオイルでも栄養成分は、ほとんど
同じ。
安くても高くても変わらない。




炒めや揚げに米油
健康の為に注目されているのは、
スーパービタミンE
トコトリエノールが入っているから。
>>三和油脂 サンワユイルギフト 純米油×5本セット YR-5

強い抗酸化作用で、通常の50倍
血管御健康と老化防止に
野菜炒め、キャベツやピーマンビタミンC
との相性が良い
抗酸化が更に高まる。
抗酸化に野菜と米油の相性もよい。

オメガ3 オメガ9  オメガ6に別れる
オメガs3は、
エゴマ、亜麻仁オイルにはいっていて、
血流改善、動脈硬化予防 機能効果
積極的に摂りたいオメガ3
理由は、
食生活の中で不足しがちな栄養分魚介類や魚に
含まれていて、不足補え、病気予防に
オメガ6
過剰摂取をへらした方がよい

オメガ6 
サラダ油、胡麻油
成長期は、なくてはならない成分

オメガ9オリーブオイル、米油
肌のうるおい成分と同じ肌に塗れる。

イチオシは
エゴマ油 美容健康にも良い。
紫蘇科 エゴマの種から作られ
αリノレン酸 豊富
脂肪燃焼、動脈硬化、認知症予防
1日小さじ1 
卵かけごはんにも。

バターは植物油よりカロリーが低い
ライザップの専門家は、
ダイエット中食べて良いあぶらにしている。
100gに含まれる糖質も0.2gと低い。

お勧めレシピ
椎茸のバター焼き
椎茸はカロリーもひくく、血圧を下げる。


パワーフード3連発最後は、

もやし
ビタミンC、カリウム、食物繊維
アスパラギン酸、ビタミンB1,葉酸
100g12kcalと低い。
ダイエッターに最適食材

食べ合わせ栄養アップ

もやしには3種類
緑豆もやしは、生産国内No.1
味噌ラーメン等に使われる。

ブラックマッペと大豆もやしがある。

疲労回復効果アスパラギン酸
ニンニクの2倍大豆もやし
もやしに合わせて疲労回復効果がより
期待出来る食材は レモン
レモンのクエン酸とアスパラギン酸
乳酸の分解促進をするから
梅もクエン酸があるが、レモンが断然

レモン大豆もやしの付くr方
もやしをレンジでチンして、レモン汁
白だしを入れまぜ合わせる。

ラー油をかけておつまみに
湯を入れてスープにもコンビニの
サラダチキンと合わせてチキンサラダ

ブラックマッペもやし
ミャンマーやタイの黒豆が減量
細い茎、甘さがあり、関西で食べられている。
炒め物でシャキシャキ感をだすのは、
大さじ1の油を入れた湯で10秒湯がく

炒め物も油でコーティングに

飯塚商店に1袋200円のふかやもやし
高血圧予防と云われるギャバが豊富
ホウレン草の10倍

油を使った調理天ぷらが意外料理

大豆もやしは、大豆を発芽させて
豆が付いたままだとイソフラボンが凄い栄養素
骨を健康に保つ骨粗しょう症予防にも。
豆腐とほぼ同じ
合う食材は、チーズ
プデチゲ 
チーズと一緒に食べると骨からカルシウムが
でない。カルシウムがチーズから沢山摂れる。

とのことでした。

ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 00:19 | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする