このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年02月24日

世界一受けたい授業 春肌トラブル対策方法 肌健康の食べ物 シワたるみ予防 若返り

2月24日 世界一受けたい授業 
春の恐い肌トラブル
今スグ出来る対策方法 澤田彰史先生
先生が気を付けている事は
夜必ず12時前に寝る。新陳代謝は夜だけ

肌健康におすすめの食べ物は、
寒天入りの味噌汁
1日3回飲んで欲しい
ダイズイソフラボンがコラーゲンを
つくることで、ハリ与えてくれる。
寒天は、食物繊維が多く便秘解消で、
肌を健康にする。

シワたるみ予防に
キスミー体操がおすすめ
1. 背筋を伸ばしまっすぐ前を見る。
2. ゆっくり顔を上げ、天井を見て
 唇をキスする様にして10秒
3. ゆっくり正面をみて
 人差し指、中指をアゴにあて
 上目づかいで内側に押し込む5秒
1日3回代謝UPで老化の進行を遅らせる。

肌は、肌が不安定
20代〜50代で貼るに肌トラブルは7割
冬の間、寒さ、乾燥のダメージで
バリア機能が低下してしまい、
花粉、埃、温度差、ストレスで、弱った
肌にダメージを与えてしまう。
特に注意が必要なシミ、紫外線は3月から
できるだけ日差しを避けるべき要注意
日常生活で、ついやってしまうしみの原因
鼻水のかみすぎ、角質層はラップの様に薄い
ので、ティッシュでこすると黒ずむ

お医者さんにきいた
肌トラブルワースト5対策

5位 ニキビ
子供と大人の違いは、
20大以上のおとなにきびは顔の舌の方
思春期は、皮脂の出過ぎおでこ、鼻に
比べ、大人の原因はストレス
転職、引越、離婚等生活環境の大きく変わることも。
ストレス対策として
作り笑い
頬の大頬骨筋が動くと脳内の幸せホルモン
セロトニンがストレスを発散させてくれる。

4位 皮脂欠乏症
皮膚の油分が減少皮脂乾燥で、ひび割れ
中高年のすね等激しいカユミになる人も。
乾燥を防ぐために、15分以上長湯はNG
肌を強くこすらず、優しく洗う。
浴室内で化粧水をつけ保湿
服を着る前にクリームをつける。

3位 しもやけ
手や足、身体の末端の血行がわるく
春先、気温差もアリ10°Cを超えると
毛細血管にだめーじが。
30代の女性のしもやけの多い理由は
ハイヒールで締め付け、血行が悪くなる事
3時間に1回は靴を脱いで指先を動かす

2位低温やけど
こたつ、カイロ、ゆたんぽ
40°〜50°のそれ程高くない熱が原因
44° 3〜4時間
50° 2〜3分皮膚を同じところを熱に触れると
低温火傷になる。
44℃は、低めのこたつの温度
火傷は、自覚がないので、皮膚の奥深く
熱っされる。最悪皮下脂肪が
壊死してしまうことも。
こたつ、電気カーペットはキケン
湯たんぽは寝るときふとんから出すこと。

1位花粉皮膚炎
花粉皮膚炎とは、花粉が顔、首等に
付着してかゆみが起こる事
花粉の自覚のない人でも皮膚に症状が
特に目の周り、首は、皮膚が薄いので
かきすぎで、しみの原因にも。
女性は、男性より皮膚が薄く
肌を守る皮脂も少なく、メイクや
メイク落としで、バリア機能も弱まってくる。

なので、外出時は、帽子、メガネ、
マスク、ストールで出来るだけ肌の
露出を抑える。
ひどい場合病院をおすすめ

屋内にいても日焼する事を最新の情報と
してアメリカで発表された。
パソコンのブルーライトはコラーゲンや
ヒアルロン酸を破壊する。
1日8時間パソコンの前にいることを
4日続けると20分日焼するのと同じになる;
対策は、保護フィルムをハリ抑える。↓↓



その他の注意事項は、
AGEと呼ばれる蛋白質と糖の結び
つきで産まれる老廃物

身体の中の蓄積で弾力を保持する
コラーゲン繊維が堅くなり、ハリツヤが
なくなる。また、くすみの原因にも
AGEは、暴飲暴食、運動不足など
不摂生な生活で増加
生活習慣成績表ともよばれている。
ゲストの平さんが1番多かった理由は、
チョコ、揚げ餅がすきで、糖に偏っているから。

とのことでした。


ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by miew-miew at 22:38 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする