このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2018年02月06日

たけしの家庭の医学 血管老化stop 肝脂肪にも関わる中性脂肪を減らす食材

2月6日
たけしの家庭の医学
血管の老化ストップ 中性脂肪を減らす
食材 徳島で発見 キクイモ 
糖の吸収を抑える成分 イヌリンたっぷり野菜


中性脂肪(TG)は体脂肪の大本
原因は、炭水化物や甘いものの
糖質の摂り過ぎ  
でも、
生きて行くのに欠かせないのも事実
ですが、
加齢で筋肉の量が低下したり
でエネルギーに消費したあまりが中性脂肪に。

そして、糖は血液中に行く事で
体中に中性脂肪がたまってしまうので、
肝臓にこびりついたものは、
脂肪肝になったり、
心臓に行くと、心筋梗塞等のリスクが
上がってしまいます。

悲しい事に、中性脂肪は、
溜りやすく減らしにくいのが特徴
・・・なので、いくら減らそうとしても
なかなか効果がでないのも実情。

なのに、徳島県美馬市脇町では、
菊芋 きくいもをが良いとのことで、
食べている方達がちゅうせいしぼうが
基準値以下のかたが多いことを検証。
実際に、栽培している方も、体重が10kg
減量に成功して7年かけて自然に落とし、
脂肪値も基準値以下をキープしていました。

効率良く落としている方達
どんな食べ方をしているのかと云うと
かき揚げ、きんぴら、そば、鍋に入れる等

菊芋とは、キク科ゴボウの仲間で味は
あまりキツくないのが特徴
チュウセイシボウを減らすと云われる
成分は、
イヌリン
通信販売で取り寄せが可能

東邦大医学部 広瀬先生(糖尿病
脂質異常の治療のべ10万人 30年以上研究)
によると
増える原因の影響が多きいのは、
炭水化物、糖質の摂り過ぎ
お菓子、ジュース、アルコール
糖質制限を指導するも実行するのが難しい。

糖は、小腸で影響を吸収した後、穴から
血管に入り、摂り過ぎると血管に大量の
糖が増え値が高くなる。
では、
イヌリンを体に取り込むとどうなるか?
体に入り、水分と混ざり(水に溶けやすいのが特徴)
とろみがついてゼリー状になり、
糖を包み込み大きくなり、腸の穴から血管へ
入り込む事ができにくくなり、
直接大腸に移動する事が出来るようになる。
また、
いぬりんの特徴として、ゆっくり吸収して、
中性脂肪になりにくくしたり、
大腸へ移動した後腸内の善玉菌のみの
えさ
になることで、善玉菌が増えることに。
結果
肝臓への脂肪も抑えられることにも。

菊いもの他にイヌリンを含む食材
それは、
野菜です。ランキング形式にして含有量を
検証してみました。
菊芋は、100g中18gのところ
1位 にんにく 12.5g
2位 ごぼう 5.4g
3位 玉ねぎ 4.3g
4位 アスパラ 2.5g
5位 レンコン、かぼちゃ、山芋0.1g
6位 シシトウ、茄子、トマト 0g

11月に148だった女性 47才
現在 152に増えてしまい、
野菜が高い、お酒を毎日飲む、締めにラーメンを
食べる等の理由で医師から注意を受けているのに
なかなか、減らないとのことで、
1日10gのイヌリン野菜(菊芋以外)を5日
食べて、お酒、炭水化物を控えることなく
基準値150のところ139まで減らす事ができました。


無農薬栽培の菊芋パウダーは、こちら↓↓






ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ





posted by miew-miew at 22:29 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする