このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年08月09日

たけしの家庭の医学 真夏の免疫力アップ ツバメの巣 細胞のアンテナ活性 シアル酸

たけしの家庭の医学 真夏の免疫力アップ
最新研究で判明
細胞の産毛 糖鎖を活性化

健康寿命を伸ばし元気で長生き
男性の健康寿命71才 その後寿命は81才
女性は74才で寿命は13年後
名医とつながるたけしの家庭のいがく

寒い室内、外は炎天下の温度差から
夏バテ→夏風邪でダウン
それは、
肺炎球菌と云う菌が原因になることも
実はたった2つの肺炎球菌は、10時間で
100万個以上に 
のど、鼻で増殖し風邪の症状に
また、
加齢は免疫力を衰えさせ、高齢者は
夏バテから風邪をひきやすくなることに。

弱った免疫を復活の手だては
細胞のアンテナで、免疫力を上げる
アンテナは、がん転移を抑制してくれる
もので、糖鎖(とうさ)は、アンテナの
替わりになるもの

免疫力低下=免疫細胞が外的にあまり
反応しないことに。

細胞のアンテナを伸ばし活性化
糖鎖をのばし、免疫力UP
食材は、ツバメの巣
Edible Bird's nest
アナツバメのだ液だけで巣をつくる
特徴はシアル酸が豊富に含まれて
いるので
糖鎖を活性してくれる。
さいぼうのアンテナの材料で
糖鎖は、糖の一種
この
シアル酸は、加齢とともに減少
アンテナは、短縮して、機能が低下

小腸で、吸収血液にのって、全身へ
細胞のアンテナに届き、伸びて向上する。
中国では、楊貴妃や西太后も食べていた
50gで2万円 
他の食品では、?
ほ乳類の胎盤から、初乳より免疫物質を
うけとる。
ミルク、卵、 親→子供へ
食品に含まれるシアル酸の量分析

シアル酸ベスト3食材
ツバメの巣スープ 1杯で200mg
3位 たらこ1腹 180ml
2位 鶏卵4個 227g
1位 子持ちししゃも2尾 197mg

朝食でたった2匹の子持ちししゃもで
免疫力UP
卵は糖さが多い細胞
糖鎖の先端に付いているシアル酸に反映
疲れやすい、風邪をひきやすいひとは
免疫が弱まっているとのことでした。

大地真央さん ご愛飲のつばめの巣はこちら





ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ





posted by miew-miew at 02:29 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする