このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年08月01日

林修の今でしょ講座 猛暑で弱まる肝臓 髪 血管 回復法 最強35秒レシピ

8月1日 
林修の今でしょ!講座
この夏知りたい暑さで弱った
東大ドクター ママの臓器の回復法

肝臓、血管髪の毛が猛暑で弱るこの時期
食事で若返り。
若い人でも老化現象を食い止める方法

猛暑と戦う栄養素

肝臓若返り
なぜ? 夏に弱まる理由
代謝が悪くなる時期に、暴飲暴食し
内蔵脂肪が溜りやすくなるのが原因
若返り栄養素は、ブロッコリースプラウトの
スルフォラファン
炎症を抑える力が強い。
傷付いた肝臓を若がえる。脂肪細胞が
炎症性サイトカインを発生さえ、周りの臓器を
傷つける。炎症物資を浴び傷付くと直そうと
して白血球により、繊維か細胞が増え肝硬変へ
そこから肝臓がんへのStepに。
機能改善してくれるスルフォラファンは、
体内で2〜3日維持する事ができるので、
1パック週3回 生で食べる。
また、
キャベツ、大根にもふくまれているので、
大根おろしも良い
肝臓をケア出来る他の栄養素は、
桜えび アスタキサンチンが豊富
カルシウムは、牛乳18倍にも
干す事で3倍UPする。
肝臓の炎症を抑えるアスタキサンチン
赤色が特徴、鮭、カニにも含まれる

P807111.jpg

35秒で出来る最強レシピ
ブロッコリースプラウト桜海老のマリネ
ボウルにブロッコリースプラウト、
桜海老を入れ、レモン汁、オリーブオイル
または、亜麻仁油を入れ胡椒をし、混ぜる。

髪の毛 若返り
髪の毛、爪は皮膚がらみの臓器
紫外線で、頭皮がダメージで、白髪、抜け毛に
つながる。
猛暑で弱った髪ケア
若返りの栄養素は、高野豆腐
タンパク質が1番の理由
爪も髪もケラチンと云う硬いタンパク質から
できているから。
高野豆腐のタンパク質量は、木綿豆腐の7.6倍
卵の4倍 牛肉の2.5倍
白髪や抜け毛の原因は毛根の不具合
毛根には、
毛母細胞と云うそのものを作る仕事

メラノサイトと云う色を作る仕事がある。
メラノサイトが老化することで、白髪になる。
このかみのけの工場の様なところを
動かすのがタンパク質
なるべく肉の脂は取らない方が良いので、
その他に豊富なのが、
たらこ、のり

髪の若返り栄養素は胡麻
特に入っている亜鉛が、タンパク質の
活性化で酵素の中にあるもの。
ココアにも豊富にあるので、
豆腐にメープルシロップをかけ、ココアを
まぶして、なんちゃってテラミス

最強レシピはなんちゃって豚の角煮
作り方
高野豆腐にダシ、溶き卵を吸い込ませ、
豚肉で(脂身の少ない箇所)巻く
小麦粉をまぶし、焦がさない程度に
焼き目をつける
酒、味醂、減塩醤油、水で味を整え完成
出来上がりには、胡麻もふってあった。
朝食は食べた方が良い。
朝からタンパク質を摂ると脳にも良い


猛暑は血管の天敵
水分が失われがちになり、硬くなる事で
脳梗塞、動脈瘤、心筋梗塞を引き起す事にも。
糖分、脂肪の取り過ぎで血管が弱る
炎症性サイトカイン、ベタベタ血液は、
傷つき、直そうとしてこぶができ、
血管の圧により、剥がされ、血栓になり
固まる。
脳にとんで、脳梗塞、心臓にとぶと心筋梗塞
血管の若返り栄養素は、たこ
血液の流れを促進してくれるタウリンが豊富
肉、魚にもありサバの5倍、ロース肉17倍
血圧をさげたり、コレステロール値も下げてくれる。
タウリンや鯵にも含まれる 刺身がおすすめ
帆立にもはいっている。

最強レシピ 
たこや鯵等を煮込むアクアパッサ
加熱したトマトも入っているので、
栄養価が更にUP

とのことでした。

Wのオルニチン

ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 21:45 | アンチエイジング健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする