このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年07月17日

主治医が見つかる診療所 酢で血管を柔らかくして健康 レシピ

7月17日 主治医がみつかる診療所

酢&ストレッチで身体と血管を
柔らかくして健康にSP

血圧と中性脂肪を下げて、血液
サラサラ ダイエット効果が期待出来る
お酢の活用法  

身体を健康にする凄い力
ちょっとしたコツで倍増
酢酸は、健康効果に影響する成分
内蔵脂肪減少、脂肪の合成を防ぎ、
分解促進。肥満気味の男女12週間で
体重1.1kg減少 腹回り1.4cm減少
血中中性脂肪も減少した。

また、血圧を下げる、血糖値の上昇も
抑える恩恵を預かる為には、1日大さじ1杯
注意は、
止めると戻る。摂り続けるのが大事

お酢には、種類が有り、大きく分けて
穀物酢と果実酢にわかれるが、
効果は、然程違わないので、どれでも
毎日大さじ1摂り続ける

美味しく摂る方法
野菜漬け自家製ピクルスレシピ
酢150cc 砂糖50g 酢5g に
スティク野菜を浸し一晩

浅蜊の味噌汁に少々入れることで、
カルシウムを抽出 溶け出す量は、水の
4倍以上。 水800cc 酢大さじ1 
味に影響はない。 カルシウムを多くとれる。
また、
酢が揮発する温度は、118℃ 沸点より高い

油より粒子が細かいので、脂っこさを和らげる。
納豆にちょっと足すとふわふわして
ネバネバを分解出来る。

酢を製氷皿で凍らせる。
梅酢、ハチミツでシャーベットに。
好みで4〜5杯に薄め凍らすだけ。
炭酸水に 梅酢ソーダー
無理なく美味しく食べるなら
煮物でもOK 炒め物は、成分が蒸発
することもあるので、出来上がりにかける。
納豆は、アルカリ分が酢で中和匂いも柔らかく。

漢方では、すを5倍の水に薄めて漢方薬を
飲むと薬効がたかまる。

具体的な摂取方法は、
お酢クイーンと云われる大物芸能人
八代亜紀さんの方法
マイ酢を持ち歩く。
酢豚、青椒肉絲、ザーサイにかける
マグロは、酢7:醤油3の小皿に付けて食べる。
ちょい足し
脂っこいもの 焼き鳥にかける
素麺 ダシつゆに足す。

健康効果は、健康診断をした結果病気ひとつ
なかった。血管年齢は30代 血糖値、血圧
全て問題ない。
肌トラブルもなし、シワ、シミが出来にくい

医師おすすめは、
焼き餃子 酢と胡椒に付けてたべる。
南雲医師は、青汁+す+オリーブオイルで、
ガスパチョの様な味わい。
ご飯にたして、酢飯にしてたべる

苦手な人でも摂りやすい今注目の
爽やかでフルーティなリンゴ酢
作り方は、すりおろしたりんごを酵母
で発酵 糖とアルコールで果実酒に。
酢酸菌を2〜3日入れて更に1ヶ月
その後1ヶ月木樽で熟成すると円やか
でこくがでるまで、6ヶ月

リンゴ酸と酢酸で出来るので、
りんごポリフェノールが加わり
抗酸化作用で、美肌、脂肪燃焼や
カリウムも含み、塩分排出もしてくれる。

社員さんの飲んでいるリンゴ酢ウォーター
水150cc りんごす大さじ1 ハチミツ大さじ1
水を牛乳に替えるとタンパク質でどろっとして
ヨーグルトの様な風味
ですが、乳酸菌はふくみません。
ハイボールも美味しいとのことでした。



100%無添加 ブルベリー発酵酢と
ビルベリー果実 とハチミツだけで作った
>>贅沢ブルーベリー酢




ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
  
posted by miew-miew at 22:58 | アンチエイジング健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする