このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年05月16日

林修の今でしょ講座東大ママの最強夏野菜 夏バテ 肌荒れ防止 抗酸化作用旬野菜

5月16日 林修の今でしょ講座
東大ママ先生が教える
栄養が凄い最強夏野菜Best5

医師100人が選んだ最新研究
徹底解説
本当に体に良い夏野菜

P519615.jpg
5位 赤パプリカ 5〜7月が旬
不足すると肌荒れを引き起す
赤パプリカがダントツ強烈ビタミンCで
夏日焼、肌荒れ撃退い
1個でトマト15こみかん7個分さらに
遺伝子のコピーミスで起こる加齢や病気
細胞の加齢も防ぐアンチエイジング
これは、コピー機のインクの様に鮮明に
なれば、キチンとコピーが出来るのと同じこと。
明日、5年後の自分の健康は栄養不足等の
情報も遺伝される。
調理法
赤ピーマンの美人煮浸し
水に解けたビタミンCは、煮汁も摂れ
柔らかくて甘みも引き出す
鰹をかけると煮汁に染み込ませて
食べられるし、タンパク質も取れる。
また、
縦に切ると甘みがでる。
細胞が傷付きにくくなる。
かつおの粉 魚粉をかける。
作り方は、魚粉、醤油、味醂、水に
縦に切った赤ピーマンを入れ蓋をして
15分煮る。

4位 生活習慣病予防の
プチトマト
不足すると夏風邪の原因に。
リコピンはトマトの3倍栄養価が高い
皮の表面積が多い、皮にリコピンが多く
酸化(サビ)を防ぐ抗酸化力が強い。
癌を抑える。前立腺、乳がんのリスクが下がる。
食物繊維も多い。昔は、便秘予防等でしたが、
現在は、食物繊維は、免疫力を上げる。
腸内環境を整える
調理法は
刻むと栄養吸収をしやすくなる。しっかり噛む
オリーブオイルと一緒に食べると
栄養をコーティング酸化しない様になる。
小腸で吸収、オリーブオイルでミセル化
油で、包み込むので、胃酸で溶けず
小腸まで、守られる。

トマトは、常温で保存すると追熟して甘み
栄養がアップする。10℃以下だと低温障害に
室温がおすすめ。

3位 香りがアロマ 青じそ
5〜8月が旬 漢方に使われる程の栄養力
香りで食中毒予防 ペリルアルデヒド
香りが抗菌作用 分子レベルで、細菌膜を
破り破壊してくれる
カロテン量1位 ビタミンCやAも豊富
目に良いビタミンAは、抗炎症作用も。
食べ方は、
きざんで食べること。高温で上げると糖化を
すすめる。骨糖化は骨粗しょう症に。

2位 枝豆
タンパク質 筋肉増強 夏バテ予防
野菜の中でもタンパク質が豊富
戦後1950年と同じ位しか現在は食べられていない
糖分、炭水化物が多い
疲労回復作用。100gニンニク2個分
成長するのに必要な栄養分
東大式、炊き込みご飯 栄養素を米に流す。
えだまめの栄養素を最大に引き出す
鮭 アスタキサンチンが豊富
ストレスに強いアスタキサンチンと
ビタミンDを鮭で補う。
今、深刻なビタミンD不足でくる病の
子供が増える、理由は過度の紫外線対策
多く含まれる卵や魚、きのこ類を摂らない。

1位 野菜の王様ミネラル不足を補う
モロヘイヤ 6〜9月旬
カルシウム豊富 夏のだるさ、イライラ解消
100gでしらす4尾140g分 めざしなら120g
に匹敵する
神経細胞に入り精神安定のギャバがでて
落ち着かせてくれる。

調理法、細かく刻みスープに
ネバナバ、ムチンやペクチンで
腸内環境を整え免疫力アップにも。

とのことでした。


1日たった1杯で栄養補給
>>成長期のお子様に!アスミール






ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 22:32 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする