このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年05月14日

林先生の初耳学 ダイエットの真実 ササミ・糖質制限が太る訳

5月14日 林先生の初耳学は、
ダイエットの真実
前回、正月で太り、ゴールデンウイークでも
太ると 負のスパイラルになると放送したが、

太らない間食と言う本が話題になっている
例えば 1日20gのナッツを食べる。

ダイエットで
100%人が信じている事を3つ覆る
大川藍さんが信じているダイエット
ささみばかりを食べていると
逆に太りやすい体質になる。
のは、
肥満は、糖質と脂質の摂りすぎが原因
なのですが、ビタミンB1、B2を
摂る事で
代謝をする事で食べた物が脂肪にならず
太らないのですが、
ささみには、このビタミンBT、B2が
少ないため代謝されない。

糖質制限ダイエットは逆効果
二人に1人はリバンドするのは、
糖質は脳に大切な成分で、
制限すると脳が欲しがり、満足
できずに食べてしまうため。

運動時空腹ですると痩せにくくなる。
双子で検証
お腹が空いていて、運動をすると
糖新生ができ、
血糖値が上昇、血糖値が上がると
下げる為にインスリンが出て
余った脂肪が体内に溜め込むことになり
肥満の原因になる。

つまり
空腹時の運動で血糖値があがり
その後
食事で再び血糖値が上がるので、
ダブルであがりインスリンが
出る事になる。
ですので、
運動前にナッツを食べて上昇を抑え
痩せにくい体質になる。
とのことでした。

また、
食品の3割り、飲料水の4割が美容や
健康をうたっていて、
どんな文章で宣伝するのかに
なっていて、
サラダ油やオリーブオイルに
コレステロール0と書いてあるが、
巧妙なトリックの様。
そもそも植物性の油にコレステロールは
ない。
コレステロールはバターやラード等
動物性脂に含まれるもの。
しかし、コレステロールは、食品から2割
体内で作られるのが8割で、例え多く
含まれる食品(卵・いくら等)を食べても
食品3割体内で作られるのが7割になり
バランスは取れる事になるので、
健康な人が食べても問題にはならない。

また、
野菜ジュース等にレタス◯◯個分とよく書いてあるが、
レタスは食物繊維はきわめて少ない食品である。

とのことでした。


posted by miew-miew at 23:13 | アンチエイジングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする