このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年04月18日

林修の今でしょ講座 認知症を抑える油は?正しい摂り方検定 オメガ3

4月18日 林修の今でしょ講座
身体にいい油の摂り方
認知症を抑える油は?
油の正しい取り方検定2017
守口徹先生
麻布大学生命環境科学部食品生命か学科教授

4大油 正しく摂らないと
身体の全ての機能を壊す深刻な
ダメージを与えることに。





1位 オリーブオイルのカロリーは?
サラダ油と同じ
あぶらは全て約1g 9kカロリー

2位 
サラダあぶらは何回使い回しで
身体に害がない?
答え 0回
細胞の新陳代謝が悪くなり老化の原因に
動脈硬化、肌老化につながる
細胞膜は油で出来ているので、
酸化で硬くなり、成分の出し入れが
悪くなる機能が弱くなる。

おすすめの揚げ方は、
たっぷりの油ではなく、フライパンに
数センチで裏表、両面揚げる

3位 共通の保存方法は、劣化を抑える
シンクの下
酸化の条件は、熱・空気・光
暗く温度の低い所
冷蔵庫で白くなるのは、湯煎等で温める
ともとに戻る。
Pointは、光でも酸化する。

4位 エクストラヴァージンオリーブは
栄養分で違いがある?
答えは、ほぼ同じ
香り、風味だけと云えばそれだけ
オレイン酸、含量は、ほとんど変わらない。

5位 脂肪燃焼は運動前?後?
運動前においるを摂ると
効率的に燃焼を助ける
脂肪分解酵素が活発になる。
オメガ3をとるひとは、体温が高い
ので、冷え性になりにくい
理想は運動の4時間前にとる。



6位 朝に脂っこいものは良くない?
答え 悪くない
理想的 良い事として
皮膚の保護、再生 細胞膜補正
エネルギー源になったり
活動エネルギーが消費されやすくなる。
が、
食べ過ぎ注意


7位 亜麻仁 荏胡麻油は、何と一緒がいい?
最新研究でより効果が発揮出来るのは
にんにく、
認知症予防の
ビタミンB6が豊富
その他B12、葉酸と一緒でもよい
リスクを高める成分を減少させる
オメガ3が足りている人に効果がでる。
オメガ3は、神経細胞を柔らかくして入り
やすくしてくれ、ビタミンB6を浸透
しやすくしてくれる
B12は、鮭、しじみに、葉酸は、
枝豆やモロヘイヤに含まれている。

生産地島根県の取り方は、
スプーン一杯飲む。
おにぎりは、おいるとえごまをご飯に混ぜ
エゴマの葉で巻く。
豆腐の白和えにたらす。
サーモンカルパッチョ 
浅蜊豆乳スープにかける
1日理想的な量はスプーン1杯

8位
オリーブオイルは栄養分を減らさず
揚げてもいい?
特性的にむしろおすすめ。
脂肪酸の違い
熱に弱く酸化しやすいのは、
オメガ3 えごま、亜麻仁油
次がオメガ6 大豆、胡麻油 サラダオイル
熱に強いのは、オメガ9
オリーブオイル、米油、菜種油


9位
加熱でえごまの良い成分が壊れる?
加熱しても良い
いためる場合フライパンは200度
えごまの発煙220℃なので
やさいをフライパンにいれて炒め
最後にえごまおいるを振りかける
味噌汁はOK
80℃は低温 短時間で炒める。
1日小さじ1程度

えごま亜麻仁油はいつどのように摂る?
オメガ3主成分はαリノレン酸
EPA、DHA 脂肪燃焼に、動脈硬化
認知症予防に
脳の細胞に1番良い状態をきーぷ

とのことでした。

食べる植物オイル
>>ボタニカルオイルミックス




ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




posted by miew-miew at 20:24 | アンチエイジングクッキングについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする