このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年01月30日

主治医が見つかる診療所 体の柔軟で10才若返る ストレッチ

1月30日
主治医が見つかる診療所

体の柔軟性で10才若返るプロジェクト
血流改善 肩甲骨・太ももストレッチ
タオルでスタイル良くなる柔軟

からだの柔軟性は、病気、怪我、若さに
関係していて、
実は体の若々しさと比例する。
と南雲医師

朝起きたら体は、カチカチ
筋肉をやわらかくして、ホルモンの分泌
循環、呼吸、、消化作用も良くしてくれる
重視している部分は、
裏側の部分
裏側の筋肉肩甲骨を寄せる事

多くの筋肉と繫がり運動が重要に。
姿勢がよくなり、
呼吸量が増え、代謝アップにも。

10才若返るストレッチ
後ろ手で握手する。無理ならハンドタオル
もしくはタオル、ストッキングを使う。
肩コリ、血の巡りをよく。
上・下にタオルをもち、背中を洗う感じ。

両手でストッキングを持ち背中に
回すを10回

血管の固さは、体の固さにも比例
動脈硬化を引き起す事も。
末梢の循環が悪いのは、漢方で、
瘀血(おけつ)と呼ばれ、
内蔵の働きや新陳代謝が低下する。

背中握手のストレッチ
やり方
1. タオルを腕の横でもち
2. 頭をくぐらせる。
(辛い人は長めに持つ)
3. 背なかを洗う様にタオルを上・下する
4. 左右変えて10回筒
タオルを引っぱり稼働粋を広げる。

その2
拝みストレッチ
1. 手をあわせる。
2. ゆっくり腕を揚げる
3. 左右肘をつける。
4. 手首が目の高さで手を開く。
くれぐれも無理は禁物

スタイルが良くなり背が伸びる
京都の葦田ひろみ院長 66才
160cm 体重49kg 30年スタイル維持
バレエが若さの秘訣の整形外科医で
バレエを医療に用い結果をだす。

患者さんにすすめるストレッチ
プリエと云う膝の曲げ伸ばし
お尻の筋肉が落ちて立ち上がるのが
困難になる方はお尻の筋肉が固くなり
様々な病気にもつながる
若返りには重要で、バランをとる事にも

現在座っている時間が長い人は
お尻の筋肉が圧迫され、血の流れが悪く
凝り固まってしまう。
加齢で筋力が低下、運動不足でやせ細り
歩く事も困難になる方も
しゃがむ事でストレッチと筋トレに。

ふらつき防止、転倒予防
姿勢を良くして若見え、尿漏れ改善
40才を超えると絶対必要
家庭で簡単 身長1.5cm伸びた41才も

かんたんおしりストレッチ プリエ
片手を椅子にかけ、
足を肩幅に広げ、なるべく足先を外にむける。
手を腰にあて、
そのままゆっくりしゃがんで、ゆっくり上がる
背中を垂直にできるだけ、深めにする。
ポイントは、
背筋を真っすぐ、ゆっくりと。
1日5回程度で充分効果が。

身体全体に柔軟性がふえてくる。
一番深い所まで、足首につく位。

体が固く、筋肉がこわばると血流
神経障害になり老化へ
運動能力の低下で認知症にも。
上山医師は、脳は、自分を守り、
安全制御し、どんどん収縮して
からだは硬くなるので脳をだまして
南雲先生の様になるとのことでした。



ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ