このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2017年01月07日

世界一受けたい授業 冬のスーパーフードの食べ方 インフルエンザ・動脈硬化対策・胃腸と骨

1月7日 世界一受けたい授業
インフルエンザ対策
症状別マル秘スーパーフード
冬の正しい摂り方
ほうれん草は、夏冬 栄養が違う
寒さのストレスで疲労回復等の
ビタミンCが3倍UP
抗酸化作用のβカロテンが
冬野菜のTOPクラス

荒川静香さん 高橋大輔さん
瀬戸大也さんなどTOPアスリートの
食事指導等の管理栄養士
石川三知先生
によると
1〜2月に患者のピークを迎える
インフルエンザ・風邪対策に
オススメスーパー食材は、
キーウィ
ビタミンCは、果物の中で格段
グリーンは、69mg で
ゴールドは140mgこれは、レモン7個分
1個で1日分が摂取できる。

2015年の研究発表で1日2個づつ
ゴールデンキーウィを食べると
好中球が活発になり、
スーパーオキシドが増え、
細菌をやっつけてくれ
免疫力がUPするので、
風邪対策になる、安くて食べやすい
食品と云われています。
また、
水分があるので、鼻、喉の粘膜も
うるおい、ウイルスを避けてくれる。

年末年始の暴飲暴食で弱った胃腸の
には、大根がおすすめ
医者1000人のアンケートで、健康の為
冬に食べると良いものNo.1に
選ばれた。大根
胃腸の働きを整える酵素が
自然消化剤になってくれる

ジアルターゼは、澱粉を
プロクラーゼは蛋白質を分解
大根の辛み成分
イソチオシアネートが
胃液の分泌を促進消化を助ける。

注意としては、
酵素は熱に弱いので、
鍋を食べる直前に入れるのが良い。


冬は寒くて運動が減り
日光に当たる時間も減るので、
元気な骨を作るのに効果的な食べ物は、

鉄分 ビタミン カルシウム UP
してくれる
切り干し大根
トマト煮付けにしたり、漬け物、味噌汁
干して、日光を沢山浴びている
取りにくい栄養を摂らせてくれう。
注意は、
水に戻すと栄養も出て行ってしまうので、
戻し汁を使う事が大切

ヨーグルトで戻すと栄養分がUPする
レシピ 切り干し大根15g 10倍の
150gプレーンヨーグルト
戻し方は、
サッと洗った切り干し大根をヨーグルト
に浸し冷蔵庫で8時間
ツナ70gレモン汁を足してサラダに。
ツナのビタミンDとビタミンK
とカルシウムのゴールデントライアングルで
カルシウムの吸収を3倍UPさせる。事に。

冬野菜の食べ方としては
根菜類、葉物、実
大根、キャベツ、トマト等
1食の中で揃えるのが理想

冬オススメ
アボガドで、心筋梗塞、動脈硬化を防ぐ
寒さで血管が収縮するのを押さえる
動脈硬化対策 ペンシル大学
1日1個のアボガドでオレイン酸が
中性脂肪 悪玉コレステロール
を減らす。
種も食べた方が良い

栄養価は種の方が多い
スムージーには、
15秒レンジにかけ、切りやすくした
種1/4個分 をスライスし
1〜2分煎る。

動脈硬化対策アボガドスムージー
材料
種 1/4個分
アボガド 1/2個
バナナ 1本
リンゴ1/4個分
牛乳 250ml
作り方
上記の方法で、種を加熱
その他の材料をミキサー等にかける。

抗酸化作用の高いポリフェノールで
活性酸素を取除き
病気対策が出来る。
その他スープに散らすとナッツ感覚で
食べられる。

とのことでした。

新鮮・安全の宅配 野菜





ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


posted by miew-miew at 21:26 | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする