このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2016年10月24日

林先生が驚く初耳学 渡部が認める究極の洋梨 ドワイアンヌ デュコミス

林先生が驚く初耳学
10月23日
食通渡部VS林全面戦争
テレビ初公開マル秘店

食の賢人からの挑戦のなかで、
渡部が認める究極のフルーツ
1個1500円
市場にほとんど出回らない幻の洋梨

群馬県見城農園の
ドワイアンヌ デュ コミス

果物と思えないクリーミーさ
天皇の料理番の秋山徳蔵さんも
著書のなかで「アイスクリームのように
溶けてしまう果物のなかの王様」
と書いている程。

通常ミシュラン名店か高級菓子店に
しかでまわらない入手困難な洋梨

1本の気になる実の数が他の品種の量より
少なく、全く採れない年もある程。
希少価値



もし、ラッキーに入手できたら
キチンと食べごろの日にちをドンピシャで
教えてもらえるとも。

林先生 テレビでは、秘密にしたい
小池都知事にプレゼントした
アップルタルト
フルーツ菓子店
京都の オ グルニエ ドール
2001年オープン

おすすめの理由は、
季節毎に変えるリンゴで
津軽➡紅玉➡富士の順番

手みやげの鉄板として、対談の本の
お礼にホールでお店から直接贈ってもらった。

渡部さんよりの問題
初耳になったのは、

ラフランスは、1864年フランスで
初めてつくられたのですが、
フランスでは1900年代にとっくに絶滅
していたとのこと。

理由は、実をつける期間が長く、
病気、アクシデントになりやすく
手間がかかるので、栽培しても割に
あわないので、諦めた。
とのことで、

現在は山形県で作られるのが日本で
77%を占めていて、
世界中で作っているのは、日本だけとのこと。
日本に持ち込まれたのが1903年
明治36年でその後
日本の農家が研究に研究を重ねた結果
大切に育て、生産が安定したとのこと
でした。




ランキングサイトに参加しています。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 02:23 | アンチエイジングスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク