このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2016年05月03日

林修の今でしょ講座 疲労回復原因は自律神経 疲れを防ぐ食べ物と入浴 睡眠法

5月3日の
林修の今でしょ!講座
スーパー講師集結SP

最新の脳科学で判明
自律神経の疲れを防ぐ
食べ物&入浴法&睡眠法


なかなかとれない疲れの正体は
脳が疲れているから

とおっしゃる梶本修身先生
学友は、市原隼人さんと高橋真麻さん

5月病の様な身体のだるさ
疲れるのは、脳の疲れで脳で
思い込ませるから。
例えば、風邪をひいてだるいや
身体が動かせなくなるのは、のうが
体の防御反応の表れ
自分にうそをつき、身体を守ろうとし
強制的に身体を休ませる。

そしてそのつかれの原因は
精神機能を司る、自律神経なのです。
自律神経とは
からだの隅々に指令を出す司令塔の役割
消化吸収、汗を出す、脈を速くする等
人が意識しない事。

その要因として、
1. パソコン、スマホの使い過ぎ
2. ながら食べ
3. 冷暖房が急激な寒暖差等
自然に反する不具合

自覚しにくい弱っているとでる
からだのサイン チェック6つのPoint
1 最近、暑かったりさむかったり
2 最近眼がショボショボ
3 家族の見ているテレビの音量を
 大きいと感じるまたは、小さいと
4 立っているとすぐ壁にもたれている
5 夜にむくむ
6 最近、目覚まし時計でも起きられない
1つでもたまっている恐れ
3つ以上で要注意
恐ろしい病気の引き金にも。

弱ると、機能低下で血圧の上・下や
血糖値の調整、血液のコントロールが
乱れ
高血圧、心筋梗塞、脳卒中の発症リスクを
高める日頃から負担を掛けない様に。

自律神経の疲れを取る3つの方法
癒してくれる食事
脳の疲れ解消に繋がる成分を含む
食べ物は、鶏胸肉
渡鳥パワーで疲れ知らず
鳥ムネ肉に含まれる
イミダゾールジペプチドが疲労回復に
良いと云う研究結果
抗酸化物質である意味だゾールペプチドは、
羽の付け根に多く、10,000km飛べる力で
鶏肉にも遺伝的に入っていて、人が摂取
するとじりつしんけいの疲れを軽減
とのデーターがある。
食べ方
2週間 続ける(1回では、効果がない)
毎日1日100g 食べる。
熱に強い成分で、唐揚げ、蒸し鶏サラダ
焼き鳥でもOK
タイミングは、
消化吸収も考えて寝る3時間前までに
夕食を食べる、消化吸収はエネルギーを
使う。寝ても残業の状態になる。
頑張ると質の良いすいみんが取れない。
空腹の方がリラックス出来てよい睡眠に。
もし、どぉしても夜お腹が空いたら
脂っこいものは、避けて
消化の良いうどんやおかゆを食べる。

風呂 
疲れをとる入浴法は、
温度 39℃ 
42度はふたんが高い辛い環境に
温度変化に弱いのが特徴
長い間風呂にはいっていると身体が
つかれるというデーターが。
疲労しないと云う観点では、サウナはダメ
汗が良くないため。

睡眠
良い睡眠への準備の為に
部屋のあかりをオレンジ色にする
夕焼け色は、からだを寝る準備の方向へ
寝る2時間ぐらいまえから変える

質の良いすいみんを妨げるのが
いびき
起動が狭く、からだに負担がかかる
酸素の量が少なく、心拍を早め
血圧が上がり頑張る。
イビキ撃退は、
横向き抱き枕
3〜4割が減る 仰向けに寝ると
下の周りのにくが下がり、起動が狭くなる
睡眠時無呼吸症候群予防にも



自律神経が弱まると
舌のコントロールも弱まり、呼吸を塞ぐ
お酒を飲むと一時的に麻痺して
気道をふさぎいびきに繋がる事も。

とのことでした。



ランキングに参加中です。



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




posted by miew-miew at 20:55 | アンチエイジング健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする