このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2015年12月02日

中居正広ミになる図書館 米倉涼子〜チアシードとジュースでコレステロールを下げる

2015年12月1日放送の
中居正広”ミ”になる図書館
米倉涼子さん出演

よねくらりょうこ美容ポリシー
1. コレステロール値はジュース
  チアシードで下げる。

医学博士の伊東エミナさんによると
正解とのこと
コレステロールとは
脂質の一種で、血液中だけ
でなく、全身にある。
高くなると生活習慣病をの
リスクもあがる。

ジュースにチアシードを入れ
これすてろーるをさげるのは、
OK
チアシードにはコレステロールの
為に良い働きをしてくれる
食物繊維や
オメガ3脂肪酸
が非常に多く
含まれているため。

>>牛乳にサッとまぜるだけ!
サルバチアダイエットプログラム
【お試しセット600円/送料無料】



2. 米倉涼子さんは、
1分間の運動で身体活性化
10秒走り10秒休む
(その場でも出来る)3回
血が一周回る。感じがする。
これは、ダメ
心配停止になるかもしれません。
激しい運動を急にすると心臓の
仕事量が上がり無酸素で
供給が上手くいかないので
心臓が悲鳴を上げる。
心臓発作のリスク高まる。
良いものは、1週間合計120分の
有酸素運動で、30から40代なら
心拍数を125位に上げるのが理想
善玉コレステロールが上がり
悪玉が減る。と云うデターも。
おススメは、ブドウエクササイズ
といてけりやパンチ、空手等の
ボクササイズ

3. シャンパンを身体を冷やさない様
お湯と交互に飲む
(お湯を飲んで1ヶ月
11kg痩せた話を聞いたため)
こちらもダメ
シャンパンを飲む時、湯を沢山
飲むと逆に身体が冷える。
米倉サンは、現在
結構お店でお湯が自然に出る状態
食事中に水や湯を飲むと胃液が薄まり、
消化が悪くなり、胃腸の働きが
抑えられストップする。
結果 血流障害にも。
ふとももを冷やさない事が大切
前と後ろにカイロを貼るのが良い。

4. 目尻のシワはあえてそのまま
正解
皮膚が薄いので目尻は
自己判断ケアはNG
命取りに
皮膚の下の筋肉を引っ張ると
縮もうと反射的になり
むやみに引っ張ると、
反動で縮んでシワになり易い。
それなら
水分の上にカバーするクリームで
保湿するのが良い。
ホルモンのセロトニンを出して
内側からもケアし顔の筋肉があがる
生き方が大切。

5. ジンジャーシロップで腸の
働きを活性化させる。
これはダメ
腸の活性どころか働きを悪くする
生姜は適量なら良いが
人それぞれ、てきりょうがあり
過剰すぎて自律神経が刺激され
排泄反射をして、
腹痛や便意、人により下痢にも。
自身の身体を分析して考える。


とのことでした。




ランキングに参加中です。





にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



 
posted by miew-miew at 02:08 | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする