このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2014年06月14日

ジョブチェーンsp間違いだらけの健康法、ダイエット・美肌・便秘解消

6月14日の
ジョブチェーンSP医者ぶっちゃけ大連発
名医13人が常識を覆すランキング
間違いだらけの健康法

14位
偏頭痛を放っておくと脳梗塞のキケンが25倍に
清水俊彦医師
偏頭痛とは
過度のストレス等が原因で、脳内血管が拡張し、神経が
圧迫され痛みが起こる。
偏頭痛と普通の頭痛の違いは、頭を振って痛みが強いのが偏頭痛
実はイタリア料理は、控えた方が良い
それは、ポリフェノールチラミンと云う成分が血管を広めるため。
食べると良いのは、
牛乳、大豆、レバー、ゴボウ、ひじき、豚肉等のビタミンB2
アルコールも血管を広げるので気を付ける。
全てをいっぺんに続けて食べる事を気をつける。
後は、光の反射に気をつける(白い壁、目から刺激)
クリーム系の壁で、ダウンライト、蛍光灯も注意。
女性のポニーテールも刺激に。ONザ眉毛も
予防法として、普段肩の血行をよくする。(肩のみ)
やり方は、
方に力を入れて、10秒キープして一気に落とす
1日3〜4回 神経の刺激が少なくなる。


13位
重度の睡眠時無呼吸症候群は、8年後約4割死亡している
古賀良彦医師
1日20回の無呼吸は、重症。心筋梗塞や脳梗塞のリスクへ
身体が酸欠になり、脳や心臓の酸素を使うが、
血液がどろどろして、血管が詰まる為。
また、
喉の脂肪で狭くなり、不眠にもなるので
解決法としては、CPAPと云う(鼻マスクで上気道を広くする)
機械を病院で借り、取り付ける(1ヶ月5000円程度)
ならない様にするには、痩せて、空気の通りを良くする。
睡眠のBestな時間は、7時間 それ異常はかえって死亡率UP
昼働き、夜は休むと云うリズムが大切
また、運動は夕方まで、夜すると眠れなくなる。

12位
心筋梗塞になるかどうかは性格次第
氏家敏巳医師
なりやすい性格か?どうかは、タイプAの人はなりやすい。
テスト
・毎日忙しい生活か?
・常に時間に追われている
・何事にも負けたくなく競争してしまう
・ちょっとした事で怒り易い。
・仕事や行動に自信がある
・何事にも熱中しやすい
・何事にもキチンと片付けないときがすまない
・緊張、イライラしやすい
・早口でシャベル
・行列に並ぶのが嫌い
6つ以上が、タイプAで数が多い程心筋梗塞や狭心症に
ストレスを感じ易い人に血管攻撃因子が負担をかける
家系や遺伝も、家族性高コレステロール血しょうを引き起す。
男性30代 女性50代若くしてなる人は是非病院へ

11位 緑内障にかかっている人の9割は全く気付いていない
失明の第1位の原因少しずつ見える範囲がせまくなる
患者は400万人にも40才以上は20人に1人発症
緑内障は治らない 7割欠けてようやく気付くぐらい
両方で見るのと、脳が合成して見えてる錯覚を起こす。
片目で1カ所見て、ぼけてくるのは注意。
早期発見で、目薬、手術と云う治療が出来る
40才過ぎて目の検査は、大切。
ドライアイの原因に気をつけなくてはならないのが
20〜30代、50〜60代のメイクでまぶたの上・下
マイボーム腺と云う涙の蒸発を防ぐ線で、
粘膜までメイクの落とし残しで、詰まって油の成分が少なくなり
ドライアイをひきおこしてしまう事も。

10位
最近急増糖尿病患者は子育てを終えた主婦
5人に1人が予備軍
高カロリー、アルコールが原因血糖値の上昇で
失明、足が壊死してしまうことも
辛裕基医師
1型糖尿病 主に幼児期に発症し原因がはっきりしない
2型糖尿病 主に中年期に発症し生活習慣等が原因
生活スタイルが子育てを終えて、暇になり、お菓子等を食べ
ポッチャリがたの主婦。
人間ドックへ行く機会も少なく、気がつくと重症になることも
意外な初期症状として
大体は、歯が悪くなったり歯周病になる。
これは、細菌感染になり易くなり、その他膀胱炎にも
太っている人の夜中の1日3回以上のトイレも注意
血中糖分を尿として排出するため。
薬局やドラッグストアで尿糖試験紙で確認出来る。
食後1〜2時間ご30秒で緑色に変わると診療所へ
また、食前に酢の物を食べると、胃から小腸にゆっくり
、消化吸収が緩やかになるので血糖値の急な上昇が抑えられる。

9位
寝苦しい夜熟睡するのに最も良い方法
古賀良彦医師
エアコンを付けっ放しで寝る事。同じ温度を保つ事
風は当たらない様にする。24〜26℃に設定
熟睡の為のアロマセラピーはラベンダー
(これは、ティシュを丸めたものにたらして、
少し離れたところへ放っておくだけで良い)
コーヒーの香り
豆はグァテマラ、ブルーマウンテン
頭の回転が良くなる ブラジル・サントス、マンデリン
寝る前に飲むのは、牛乳ではなく、
おしゃれな人はカモミールティ
おしゃれじゃない人は麦茶(冷たくてもノンカフェインで、リラックス効果)

8位
踏ん張ってもなかな出ない便秘の原因の1つは、洋式トイレ
女性の3割は便秘そしてねじれ腸等
水上健医師
和式トイレは日本人にあっている。肛門の直前が曲がっている人が多い。
和式トイレは肛門が前に引っ張られるので出易くなる。
洋式しかない場合、足元に台を置き足を上げるだけで和式に。
外出時は膝をたてて、かがむ様にする。
腸がぐるぐるねじれている人に今すぐ出来る簡単解消運動
 上半身をひねる
1. 肩幅に足を開いて背筋を伸ばす。
2. 両手を広げて左右にひねる。
3. 1日約1分20回
ひどい人は朝晩
 腸をを持ち上げる (本当は寝てする)
1. 恥骨のすぐうえに両手
2. 腸を下から持ち上げ揺らす
寝る前、起きる前に。


7位
肩凝りがなかなか治らない人は、心筋梗塞の可能性がある。
10人に1人は腰痛、肩凝りといわれている
北村大也医師
マッサージ、ストレッチ、温める等の方法でも治らない人は
心筋梗塞や狭心症の疑いがある。
ほうさん痛や、関連痛と云われ、神経の近い方を通ると
そこに痛みを感じ、
心臓の方から来ている痛みなのに頭では違う所にくる。
その場合心臓の医師に診てもらう様になる
その他の整形外科からみる勘違いは、
大量のカルシウムは骨の為に沢山摂り過ぎても意味はない。
おしっこで排出されてしまうだけ牛乳は1日
600〜800ml位まで、コップなら200ml×3〜4杯まで
豆腐、大豆製品、小松菜、チンゲンサイ、海草類も良い。

6位 
小顔にする為顔マッサージし過ぎるとシミが出来ます。
女性は肌に8割の人が悩みをかかえている。
三浦麻由佳医師
力を入れグイグイしたあと、赤くなるが、皮膚に炎症をおこし
肝斑になる。
飲み薬で薄くは、なるが、レーザーが必要になる。
紫外線も肌に悪い。
1年で1番紫外線が強いのは5〜6月にかけて曇りの日も届く
日焼け止め、UVカットの日傘をさす。
美白の為にビタミンC等を食べる。
パプリカ、レモン、色の濃いブロッコリーが良い
顔ヨガ、マッサージもシワが増える。
動かせば動かす程、シワになるよく笑う人は注意
1回たたむと織皺ですっかり刻まれる洋服の用に
ご自身も笑いすぎない様に心がけているとの事。

5位
炭水化物抜きダイエットは意味がありません。
3割の男性女性2割が増加している。
島野雄実医師
ずっと炭水化物を抜くと逆に太り易く、一気にリバウンドしてしまう。
抜き続けるとタンパク質を燃やすと補うため筋肉が減り、
代謝が落ち、燃焼しにくくなる脳波糖質をエネルギーに変えるため
考えがまとまらず、認知症になるリスクが上がる、
また、朝果物だけたべるのもかえって太る
なぜなら、果物は野菜の砂糖漬けのようなもの
血糖値がぐっと上がる。
上がり過ぎて、残った分が脂肪となる
朝4つの栄養、炭水化物、タンパク質、繊維、水分
バランスが良い食事、で朝食を抜くと飢餓状態になり
吸収率が更にUPしてしまい、次食べると太る事に。

4位
夜だけ頻尿のひとは、心不全の可能性
40才以上の半数が悩んでいる
山内由紀子医師
心臓のポンプ機能が昼間のうちだせないので
寝ると心臓に戻って来て、血液からおしっこを作ってしまう為
水を飲み過ぎも要因
1日2Lを超える尿を出す人は、飲み過ぎ
骨盤底筋を鍛えるお尻を占める体操は、
おならをがまんする用に絞める1日50回
朝、布団の中やお風呂で、
骨盤底筋が衰えると子宮や膀胱が支えられられなくなり、
おちてくる80代まで10%まで経験。

3位
赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすものはおしゃぶり
水野克巳医師
言葉の発達が遅れる
3才過ぎても使っていると幼稚語が続き、
歯並びが悪くなる。永久歯にも影響上・下前歯があっていない。
中耳炎になり易い、通気が悪くバイ菌が入り易いため。
お母さんも赤ちゃんも日に当たる様に。
ビタミンDを浴びるため、日向は15分日陰30分
もし、妊婦さんがあたらないと影響は9才まででる。

2位
風邪を予防する為にマスクを付ける事は、ほとんど意味がない。
佐藤哲夫医師
ウイルスは非常に小さい普通のは通過するので、
咳をする人が他の人に撒き散らさないぐらい
N95と云う医療企画の非常に目が細かい1870
空気感染の病気はマスクでふさげないので、手洗いうがいをする。
しゃっくりの止め方は
テーブルの上にコップに水を入れ置き、手を使わず、
向こう側の口から飲む。

1位
妊婦が妊娠中に使ってはいけないものは湿布
高齢出産は27万人
疋田裕美医師
湿布に痛み止め、血管が収縮して心臓がとまる事も。
特に妊娠後半に使うのは良くない。また、
旅行も奨めない無理して身体に負担がかける
食べ過ぎない、妊娠糖尿病にも注意
皮下脂肪で通りにくくなり難産になることもある
8〜10kgまでの体重増加でそれ以上超えない様にする。

ランキングに参加中です。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: