このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2014年05月12日

駆け込みドクター! 老化を防ぐ乳和食とコラーゲンと気をつけたい糖化

駆け込みドクター 5月1日の放送は、
骨を鍛えると若返る!!
老化を防ぐ乳和食
乳和食御膳

頭のいい子に育つ 育脳レシピ

新品価格
¥1,296から
(2014/5/11 23:51時点)


の著者
小山浩子先生により
和食は塩分が多い割にカルシウムが摂りにくいとのことで、
減塩、カルシウム豊富、栄養バランス、美肌にも良い
牛乳のコクやうまみがダシの替わりになり、
骨にも良い牛乳を使った乳和食のレシピ

ミルク豚汁
材料
鰹節でとっただし汁
熱湯 250ml
鰹 1
ジャガイモ1/2個
人参1/3本
玉ねぎ 1/4個
豚バラ 50g
牛乳 100ml
味噌 大さじ1 
1. 鰹節で摂っただし汁 250ml
  野菜、豚肉を入れ、最後に牛乳、味噌を加える。

カボチャのミルク煮のレシピ
材料 かぼちゃ 200g 
   牛乳  200cc
牛乳が蒸発するまで煮る。

ごはん
牛乳を80〜90℃のところに米酢を加え分離したら
水分だけを取る。これが乳清
にゅうせいにはビタミンとミネラルがたっぷり。

乳清 200ml
お米 2合
でご飯を炊く。
お米が光輝き、旨味ひきたつ、栄養かバツグンの乳清

さば味噌ミルク煮のレシピ
さば 2切れ
酒 大さじ2
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1
赤唐辛子 1本
牛乳 100ml
作り方
落としぶたをして10分煮込む

その他、ミルク麻婆豆腐やミルクきつねうどんも
塩分は多く摂り過ぎで、血管へダメージを与え動脈硬化を引き起す
カルシウムは肌によく、バランスを整えてくれる。

適切な食事、運動、更に骨を強くするもう1つのものは、
コラーゲンは、
骨の柔軟性を生み出している

実は骨の体積の50%は、コラーゲン
骨を鉄筋コンクリートに例えると
土台の鉄筋は、コラーゲンでコンクリートがカルシウム

強い骨には、カルシウムとコラーゲンが必要
コラーゲンが減ると代謝機能が衰えることが老化になり、
骨が弱くなったり、肌の保湿力が衰えたり
肌のシワ、たるみの原因の1つになる。
また、
コラーゲンの老化を防ぐ食品は、

レバー、唐辛子、バナナ、貝類、チーズ等ビタミンBを含む食物。

糖分の過剰摂取は、コラーゲンと結びついて
糖化になってしまう。
糖化とは、タンパク質と糖が結びつき、老化スピードを早める事。
コラーゲンの弾力が低下し、肌がたるみはりがなくなる。
焼き菓子、焦げ付いた料理(クッキー、ワッフル、フランクフルト、焼き肉等)は避けよう。

羽野 晶紀さんが長年のみ続けているコラーゲン
天使のララの公式サイトです





ランキングに参加中です。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 00:30 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする