このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2013年10月28日

主治医の見つかる診療所-失明の恐れのある目の病気を早期発見と予防する方法

10月28日の
主治医が見つかる診療所
早期発見SP!「失明する眼の病気」

放っておくと失明の可能性がある
恐ろしい眼の病気を早期発見
また
予防する方法を公開。
早期発見の為のポイント
普段行う目のケアで気を付ける部分を解説

まずは、7つの質問から目の病気の兆候を調べる
1. 対向車のヘッドライトが非常に不快
2. 化粧が濃いといわれる
3. 歩く速度が遅くなった
4. 良く眠れない
5. 忘れ物が増えた
6. 良く人にぶつかる様になった
7. コップにお茶が上手く注げずこぼれる時がある
1つでも当てはまるなら将来失明の恐れ
失明の原因1位が白内障で患者数96万人
放っておくと失明の危険15000人が
年間失明していて、若い人にも。

白内障
大桃美代子さん48歳
普段の近視が見づらいので、老眼と思っていたが
白っぽくなり、周囲の景色が曇って来た。
白内障とは、水晶体のレンズが白く濁る事。
タンパク質の何らかの原因で進行3.2%が失明
手術しか方法がなく、進みすぎは手術が難しくなる。
原因は、加齢。 40代でも発症55歳以上は急激に増える。
濁る前が固くなる状態が老眼。
現在点眼を処方しているとの事。

上記、質問1〜4が兆候のサイン。
原因は、加齢の他に紫外線、放射線に当たることも
予防として栄養素若い時からビタミンCを摂る。
25〜26歳で発症は、
アトピー性皮膚炎で目をかくのが原因とも。
目の外からの刺激を加わる事も。また、
運動中目にボールが当たったり、転んでぶつける、
子育て中、赤ちゃんの手が目にあたる。

気を付ける事
1. 老眼とも間違いやすい
2. 若くてもなる。


緑内障について

67歳女性12年前に発症
緑内障とは、目の神経が壊され、目の視野がかける
進行すると失明の可能性がある
何故気付かない?
片目が発症してももう片方がカバーし、
進行がゆっくりしているのが特長
治療
点眼で遅らせる事ができる。
自覚症状がないが、発症すると視野を取り戻す事が出来ない為
初期に見つけると一生大丈夫
兆候としては、上記質問の5〜7がサイン
5→忘れ物 視野がかけると気付かない
6→ぶつかる 視野が1部欠けるので脳が気付かない
7→お茶をこぼす 両目で遠近感がなくなる。
普段の予防。
リスクファクターが確立されていない。
サプリメントを飲んで予防(酸化させない)
漢方では、八味地黄丸と云う目の血流を改善し
目のかすみや疲れの他視力を
向上させる効果もあると云われる。
40才以上で近視が強い、頭痛持ちの人も注意
自覚症状が出てくる頃には70%の細胞が死んでいるので、
40歳過ぎると専門医の検査をうける事をお勧め。

患者数急増中で、一番見たいところが見えなくなるのが
加齢黄斑変性
72歳女性5年前、朝テーブルが汚れていて12cm位のシミがあった
が、なくなっていて、左目だけでみるとシミが見えた。
網膜を通って脳へ送って画像が認識できるのですが、
網膜の中心の黄斑が以上になる。
中心部分の視力を担う場所なので、視界の真ん中が見えなくなる
心理的ストレスにもなり、最悪失明の恐れも
現在64万人で近年増加中。
目に直接注射で改善
何故気付かなかった?
片方に問題がある場合他方がカバーする為。

質問は、5〜7が兆候
原因は、加齢
リスクファクターは煙草、高脂肪、動脈硬化が進む。
目の生活習慣病とも呼ばれている。
加齢黄斑変性に良いと云われる食べ物
ビタミンA レバー、人参、春菊
ビタミンC 赤ピーマン、いちご、ミカン
ビタミンE アーモンド、うなぎ
亜鉛 牡蠣、牛肉、羊肉
ルテイン ほうれん草、蕎麦、キャベツ
予防し、進行を遅らせる、食い止めると云う事が
徐々にでてきているので、積極的に摂る様に。

網膜まで届くサプリは、▷▷




加齢黄斑変性の
症状のチェックとして、升目のシートに中央に点を書き
目から30cm離して、片目をかくして、中央を見つめる。
線がゆがんだり、欠けたり、すると問題がある。
将棋盤や、チェス、もしくは手書きでも。

その他の予防する方法は、紫外線を避ける
メガネをかける。ブルーライトカットめがね
帽子をかぶる。

【17%OFF】 パソコンでの作業時にブルー光線を軽減するメガネ

南雲先生は、野菜、果物のポリフェノールを皮から食べて摂る
亀山先生は、視力の良い側で見がち、後はアシストするので
発見が遅れる。

主眼を調べる
両手で輪をつくり、そのまま手を伸ばし、輪の中の
目標物にピントを合わせる。どちらか片方の目で
見て、位置がずれない方が主眼。

時々片目で見る事で早期発見の可能性が高くなる。

参考にしたサイトです⇒ルテインサプリの効能
 




ランキングに参加中です。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by miew-miew at 23:14 | アンチエイジングに効果的な栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする