このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2013年08月20日

南雲式腸をキレイに、免疫力をUPする究極のデトックス鍋〜主治医の見つかる診療所

8月19日の主治医が見つかる診療所は、
腸と脳の大特集で
南雲吉則医師が若返りのヒミツを
足柄山(南足柄)で、心も身体も家麺から超きれいとの事で
免疫力アップの食材をGET

P80820.jpg

その前に
森を歩くと身体を鍛える事が出来
フィトンチットと云う香り成分(揮発性成分)で
NH細胞が活性化され免疫力がUPさせ、

次は
で音がリラックスができるので、免疫力UPに
そして
天然水シャワーで、滝行(長さ23m幅5m)を
暑いと身体を冷やし、冷たいと身体が温まるので
内臓脂肪が燃え、ダイエット効果にも。

その後、
腸をきれいに、免疫力アップの食材探し、
ここで
浪速の美容番長シルクさんが参加

食材その1は
はちみつ
グルコン酸が、腸内の環境を整え善玉菌の餌になる。

腸をきれいに免疫力アップの食材その2
食物繊維ー椎茸
不溶性食物繊維で、βグルカンの作用で腸の免疫を復活
NK細胞を活性化させてくれる。

その3
発酵食品の味噌
こちらは、都内唯一の味噌蔵 蔵付き酵母
免疫を刺激して、善玉菌を育てる生きた乳酸菌で
腸の環境を整えてくれる。

ここで南雲医師紹介のレシピは、
椎茸を含む7種類のきのこと蜂蜜、味噌を使った
究極の腸内が空っぽになるデトックス鍋を作ってみましたぴかぴか(新しい)


作り方
鍋に、水2カップに味噌大さじ2、コチジャン小さじ2
蜂蜜適量、コマ油大さじ1 ごぼう1本分、キノコ6種類
最後になめこを入れフタをし、5年味噌を隠し味に入れ
沸騰して10分煮込む

もう1つのレシピは、
ガゴメ昆布のカラフルだし
作り方
茄子、きゅうり、パプリカ、みょうが、生姜、大葉を好みの量さいころ大に切る。
ボールに混ぜ合わせ、がごめ昆布を混ぜる。

ガゴメ昆布のフコイダンと云う成分に整腸作用がある。



免疫UP&老化防止
最新の方法を大公開

腸をきれいにする身近食材&簡単レシピ

腸内細菌の第一人者による痩せる腸の作り方

日本人の125倍摂取オリーブオイル島の
コーヒー&ヨーグルト
健康長寿になる食べ方

脳の新回路をつくる等でした。

上記レシピ等は、こちらにも。


ランキングに参加中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by miew-miew at 00:57 | Comment(0) | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: