このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2013年08月09日

BBプラセンタでエゴカドビーツサラダ〜肌が喜ぶ朝ご飯

レシピブログさんとメタボリックさんの
肌がよろこぶ朝ごはん料理レシピ
肌がよろこぶ朝ごはん料理レシピ

に参加させて頂きました。

早速送って頂いた、BBプラセンターをいれて
エゴカド (eggocado)とビーツを使ったサラダを作ってみました。
P080903recipe.jpg
このBBプラセンタって
こんなパウダーなのですが、
この中に、高価な美容成分、プラセンタを初め
コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、大豆イソフラボン、コエンザイムQ10と
お肌の再生や保湿や維持に大切な成分で出来ているんです。
また、普通プラセンタは、割と特有な臭いやクセがあるのですが、
このBBプラセンタは、全く料理に差し支えなく使えました。
P08091recipe.jpg
今回私は、水に溶いたり、マリネに混ぜたりしましたが、
両方ともさっと溶けてくれて、お味も損なう事がなかったです。
P080902recipe.jpg
これから、朝ご飯に手軽に加えて、少しでもキレイになれたらと思っています。

また、
アボガドと卵の組み合わせは、
脳を健康してくれると云われているビタミンB群いっぱい
そして、
不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールを減らす作用があるといわれているので、
相乗効果もあれば尚嬉しいかと。

本日のアンチエイジングクッキングレシピです。


エゴカドビーツサラダ

2人分

エゴカド
材料
卵 2個
アボガド 1個 
BBプラセンタ 1スプーン
岩塩ペッパー

1. アボガドを洗って、二つに切り、種を取り皮をむく。
(皮は、むかない方が良かったと思います。すみませんm(_ _)m )
  もし、穴が小さい場合好みでスプーン等で大きくする。
2. プラセンタを水、小さじ2/3で溶く
3. 2をアボガドの種のあった所に置き、
  卵を割別の容器から、その上に黄身から移す。
  (白身は乗る分だけで良い)
4. 180℃に余熱しておいたオーブンで10〜15分焼く。
(オーブントースターも良いかもしれません)
5. 岩塩ペッパーをかける。

ビーツのサラダ
材料
ビーツの酢漬け
ベビーリーフ
オリーブオイル
ローストアーモンド

ビーツの酢漬けとオリーブオイル、ベビーリーフを混ぜ
上から刻んだローストアーモンドをふる。

ビーツの酢漬けの作り方
ビーツの葉を取り除き、洗って、鍋に入れ
水を加えて、ナイフを刺してもスーッと通る位柔らかくなるまで煮る。
その後、皮をむいて、適当な大きさに切り、柑橘系の甘いお酢を
ひたひたに一緒に容器に入れる。



ランキングに参加中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



posted by miew-miew at 13:52 | Comment(0) | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: