このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2012年11月17日

体内をリセットして、疲れから回復して、疲れにくい身体に

PB162529.JPG

たまった疲れを回復する為に
リセットをと考えると、食事とエクササイズの
ふたつが思いつくかと思いますが、
なかなかエクササイズする時間もない場合
手っ取り早く、
まとめて出来るリフレッシュをして
疲れを回復し、
疲れにくい身体になればと思います。

その1
疲労物質の乳酸を分解し、
発生を押さえてくれる酢酸を摂る。
酢酸は、米酢や果実酢等のお酢に含まれています。

その2
疲れを追い出してくれる食材を食べる。
生姜を食べて身体を温めて発汗を促すと疲れが追い出されます。

その3
生活パターンを考えてハーブティを飲んでみる。
スッキリしたい時は、ハーブティ
夜のリラックスタイムには、カモミールを
また
食べ過ぎ飲み過ぎには、レモングラスを

その4
お肌の疲れやストレスには、ビタミンCを摂る様にしましょう。

その5
家の掃除(特に拭き掃除)をして脳内ホルモンの
ひとるセロトニンの分泌を促し、
癒されましょう。

その6
副交感神経が働き、リラックスの為に
半身浴をする。



本日のアンチエイジングクッキングレシピです。

サーモンソテー ショウガと人参のドレッシング

酢酸と生姜そしてビタミンCたっぷりのソースに
鮭のアスタキサンチンにも疲労回復のこうかも
そして抗酸化作用でお肌もキレイに。
時間がある時は塩麹に少し漬けると整腸作用にも。


2人分
人参 1/4カップ
オレンジジュース 大さじ2
玉ねぎ みじん切り 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
はちみつ 小さじ1/2
生姜 すりおろし 小さじ1/2
酢 小さじ 1
岩塩
岩塩ペッパー
鮭の切り身 2切れ

1. 人参とジュース、玉ねぎ、
  オリーブオイル、
  酢、はちみつ、生姜、岩塩を
  フードプロセッサーにかける。
2. フライパンを中火で温め
  塩こしょうを鮭にふりかけ、
  オリーブオイル(分量外)をまぶし、
  フライパンに乗せ、6分位
  もしくはこんがり色づくまで焼く。
  (皮面から焼く)
  裏返して2分しっかり火を通す。
3. 2を皿にのせ、1を上からかける。



自然のちからを最大限いかした化粧品で
お肌もリセット

肌トラブルに直接はたらきかけて、
基礎体力を高めてくれる植物が調合
平子理沙さんご愛用で、大ブレイク




携帯はこちら
最高の美容品を試せる幸せ♪
『オラクル トライアルキット』




最後までお読みくださり有り難うございます。

参加中のランキングサイトです。
クリックが励みになります♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 12:06 | Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: