このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2012年09月08日

老化予防脳機能を高めるブレインフーズ、ウコンとクルミ〜世界一受けたい授業

P9081732.JPG
9月8日の
世界一受けたい授業
記憶&集中力UP
老化予防マル秘
医者も食べている脳に良い食材
でした。

以前番組で
長寿遺伝子ON 
100歳迄生きられる
カロリー制限をした猿は若いと証明した


等の著者白澤卓二先生によると

脳機能を高める
(記憶力が良くなり、脳を活性化)
ブレインフーズ
食べるだけで脳を活性化
脳を修復してくれるとの事。

老人班を脳にためないぼけ予防になる
食べ物は
クルクミン
記名力障害はクルクミンの効果が高い
それは、
カレーの中の
ウコンの事で
脳の中の細胞に直接作用。
シミを減らすだけでなく
神経細胞の保護作用がある。
実験で
2週間クルクミンを摂取すると
脳の反応が早くなる。
週2〜3回位食べたい。
でも、問題なのはクルクミンの
吸収率は良くなく、
吸収力UPするもをは
きな粉の中のレシチンは吸収率300倍になる。

レシチンは熱に弱いので、きな粉は
食べる直前に入れる。

ブレインフーズもう一つの作用
記憶力を高くなる実験で証明された
クルミの脂肪酸
アルファリノレン酸は脳に良い賭されていて
8週間食べ続けた学生が
読解力と推論力が増昇。

クルミをおいしく食べられるメニュー
本日のアンチエイジングクッキングレシピです。

くるみそば

クルミをすりつぶす(細かくする)
そばつゆに大さじ3のくるみを加える。
ゴマだれの様な感じです。
今回の冷たいそばは先週放送の
レジスタントスターチ効果も併用です。

また、蕎麦は
抹茶のスイーツ店の
茶蕎麦をつかいました。

ポリフェノールのルチンが
脳の神経細胞に直接効く。
週に2〜3回食べると良い。

集中力が持続しない場合
やる気の脳のドーパミンシステムを
支える栄養素は
ホスファチジルセリンですが、
1日に必要摂取は100mgの為
白澤先生のお勧めは
いつもの食事+大豆食品+
栄養補助食品とのことでした。



ストレスは直接神経の細胞にダメージを与える為
解消にはセロリ茶が良い。
セロリを乾燥させお茶にしたもの。
ストレス解消にも。
香り成分アビイン、セレリンが効果を出すので
お茶以外に風呂に入れる事も。


我が子を守る最新プロファイリング
子供が被害に遭いやすい場所の
一位は駐車場45.4%
2位が道路上で
犯人は犯行しやすく逃げやすいところを狙う。

防犯には、
ATMの緊急にボダンを押して
扉をロックさせたり、
防犯ブザーや
携帯アプリを利用したり
子供110番ステッカーのある家は
いざと云う時に避難場所になったり
地域全体で守ってあげる。

最新防犯ブザー

家研販売 防犯警報機 ウルトラボイザー VC100

新品価格
¥2,380から
(2012/9/8 22:23時点)



番組で紹介の
ウルトラボイザーは
周りの人の注意を受けやすいのが良いとの事。

最後までお読みくださり有り難うございます。

ランキングに参加中です。
クリックが励みになります♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by miew-miew at 22:40 | Comment(0) | パスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: