このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2012年03月29日

AKB板野さんも十和子さんも〜毎日食べたいヨーグルト

P3270691.JPG
先日SCOOPERを見ていたら
ゲストの
AKB板野友美さんが
ヨーグルトの食べ方を紹介していました。
お風呂あがり等に召し上がっていると
言っていたのですが、
その食べ方は、


1. ふたを開ける前によく振る
 (逆さにして、底に残っている
 のを落とす様にする)
2. 上に穴を2つ開け
 (空気穴と飲み口)
3. そのまま飲むと
  スプーン等を使わずすぐ飲める。
(食べられる)し、手も汚れない
 とのことでした。


更に
君島十和子さんは、
朝食に毎日ヨーグルトを召し上がって
いて、
色々なもの
例えばいちごや
オレンジ、黒豆や
きな粉などと一緒に
アレンジなさっていて


召し上がる理由としては
腸が正しく作用してくれている事
で老廃物が溜まらず、
デトックスにもなり
免疫力が高まる等でした。


やはりみなさん良く召し上がっている
と思いました。


板野友美さんの召し上がっているヨーグルト



十和子さんは、
早く整腸効果を感じるのは
ダノンビオで
カロリーセーブに役立つのが
こちら




その他
豆乳で作ったヨーグルト等
トクホのものを良く召し上がっているようです。


ヨーグルトの桜ケーキを作ってみました。


レシピです。


直径15cmのセルクルで作りました。

材料
ダイジェスティブビスケット 50g
バター 30g (溶かす)

ヨーグルト 112ml
生クリーム 112ml
牛乳 85cc
砂糖 45g
水 66cc
ゼラチン 6g
レモン果汁 大さじ2

寒天 2g
水 200cc
桜の塩漬け
レモン汁 数滴

ゼラチンを水にしとらせる。
1. ビスケットを砕き
  溶かしバターと合わせ
  バターの余熱が冷めたら
  ベーキングシートを敷いた
  型に敷き詰めラップをして
  冷蔵庫で固める。
2. 牛乳に砂糖を加えレンジで
  温め砂糖を溶かし
  ゼラチンも溶かし
  粗熱を取る。
3.  生クリームを泡立て
  (だいたいヨーグルト程度)
4. ヨーグルトをほぐし、
  生クリーム、2を加え、
  混ぜ合わせ、
  レモン汁も加え更に混ぜる。
5. 型に4を流し、ラップを
  して冷蔵庫に入れ固める。
6. その間、鍋に水と寒天を入れ
  煮溶かし、粗熱を取る。
7. 冷蔵庫から型ごとだし、
  上に塩抜きし、水気を切った
  桜を乗せ、寒天液を流し入れ
  再度冷やす。


今回
生クリームを使いましたが、
その分を全てヨーグルトに
変える事も出来ますし、
生クリームを豆乳に替えることも
出来ると思います。
最後までお読みくださり感謝です。


ランキングに参加中です。
よろしければクリックしてくださいね♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

アクセスアップ
posted by miew-miew at 09:26 | Comment(0) | 朝食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: