このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2011年10月20日

美ボティー実現化学の技お勧め運動と簡単スロー筋トレ

P19219424.jpg
10月19日の
ためしてガッテンは、

ぽっこりおなか
タレ尻
ぷるぷる二の腕等
体のたるみの原因
筋肉の隙間に入り込んだ
EMCL(筋細胞外脂肪)の
撃退効果バツグンの
プチ運動の紹介でした。

EMCLの大きな原因は
運動不足と
タンパク質の摂取不足。
なぜなら、筋肉繊維に収縮が
なくなると、脂肪につながるため。
また、無理なダイエットで
筋肉が切れてそこに
脂肪がたまったり
最終的に脳卒中や
心筋梗塞や骨が折れやすくなり
介護が将来必要になったりも。

そこで
お勧め運動法
お尻と腹回りの刺激
歩幅7cmアップ作戦。
(股関節を大きく動かすこと)
これは、下着メーカーの長年の
研究により立証された事で
大股で歩くと筋肉の使われる
ところが広範囲に
太ももの前後ろや
ふみ込む時にお腹の筋肉も
使っているとの事です。
これは、1日6000歩なので
普通の生活を大股にするだけで、
前向きになったり、
疲れない体になったりとの話も。

もうひとつは
簡単スロー筋トレ
朝晩10回ずつ
 スペシャルスロー筋トレ
1.スロースクワット
 足を肩幅にひらき
 手をクロスし、
 おしりが後ろに行く様に
 ゆっくり下ろし、
 ゆっくり立ち上がる。
 ☆動いている時に息をはき
  動きを止めたとき息をすう。

2. スロー腹筋
 寝て、かかとをおしりに
 近づける。
 手をわきから離す。
 へそを上げる様に。
 身体がまっすぐに下げ
 下に着く前にまた上げる。
3. スロー腕立て伏せ
 ひざをついて、
 手を前に付け、
 鼻が下に着くくらい
 ゆっくりおろし、
 伸ばしきらないところまで
 ゆっくり身体を持ち上げる。
コツは
ただゆっくりだけでなく
力を出しきる様にする事
 
腰痛、ひざ痛、高血圧
不安がある方は、医師や
トレーナーに相談してから行って下さいとの事でした。

タンパク質摂取には、

鮭のタンパク質は
必須アミノ酸が含み
ドロドロの血液を
さらさらにしてくれる
EPA

DHAは、
脳の伝達機能への
影響があるともされています。
また、
ココナッツミルクの
ビタミンAとの組合せで
皮膚や粘膜の強化により
美肌効果も期待されます。

本日のアンチエイジングクッキングレシピです。

サーモンココナッツカレー

材料 2人分
鮭切り身 2枚
片栗粉 大さじ1
岩塩ペッパー
玉ねぎ 1個 みじん切り
人参 1本 1cm角切り
黄色ピーマン 1個 スライス
おろし生姜 小さじ1
ニンニク 1片 みじん切り
カレー粉 小さじ1+1/2
オリーブオイル 大さじ1
パイナップル缶 3枚
ココナッツミルク 200cc

作り方
1. 鮭を皮を取り、
  一口大に切り
  塩コショウし、
  片栗粉をまぶすし
  オイルを敷いたフライパンで
  表面をカリッと焼き
  別の容器に移す。
2. 1のフライパンで
  玉ねぎ、人参
  ピーマン、ニンニク、
  生姜を炒める。
3. カレー粉塩を
  加え、炒め
  ココナッツミルクを
  加え沸騰させる。
4. パイナップルを加え
  1の鮭を加え
  鮭にしっかり火が
  通ったら出来上がり。


牛乳(タンパク質)と混ぜるだけ
ダイエットをする時間がない方に
1食おきかえダイエットは
コチラ

携帯は、
↓ ↓ ↓
1食おきかえダイエットで
スリムを取り戻せ!


最後迄お読み頂き有り難うございます。


ランキングに参加中です。
よろしければクリックしてくださいね♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



アクセスアップ
posted by miew-miew at 01:29 | Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: