このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2011年08月02日

夏バテの疲労回復と内臓を温めるスープ〜食べるコスメ

P8018749.jpg
君島十和子さんの
食べるコスメ
を通販で購入しました。
本当に45歳とは、信じられない位
お美しい写真。
その美の秘密は
毎日の食事に焦点をあわせたもので
沢山のレシピと
食についての考えが。

アンチエイジング対策も
大変気になさっていました。

夏の疲れと内臓の冷えを解決し、
疲れにくい身体になり
疲労回復には
「酸っぱいもの」
を召し上がっているそうで
クエン酸に乳酸を
分解してもらい
疲労回復をし
同時に内臓も温めてもらい
体が活性化し、
本来の機能が戻り
元気になるそうです。

十和子さんのこの
食事に大変気をつかうのは
多分お母様の影響のようです。
なんでも子供の頃から
白い砂糖を食べさせてもらえず
はちみつか黒糖が
甘味だったとか。
そんなエピソードもあったり
お弁当があったり。

本誌のなかには
アンチエイジングや
デトックス等
試したいレシピが70以上ありました。

【送料無料】君島十和子の「食べるコスメ」

【送料無料】君島十和子の「食べるコスメ」
価格:1,470円(税込、送料別)



君島さんのレシピでは、ないのですが、
本日のアンチエイジングクッキングレシピです。

サンラータン風

鶏挽肉 150g
木耳 12g
ごま油 小さじ1
水 750cc
もずく酢 2パック
生姜 1片 みじん切り
ネギ 1本 細切り
寄席豆腐 1パック
ポン酢 大さじ5杯
ラー油 

1. 木耳を丁寧に洗い
  少量の水に浸し
  柔らかくし、スライスし
  浸した水に戻す。
2. 鶏肉と生姜をごま油で炒め
  1を水ごと入れ沸騰
  させ、火を止めふたをし
  むらす。
3. ネギともずくと豆腐を
  ボールに入れておく。
4. 2を再度不当させ
  3を入れ再度沸騰させ  
  火を止める。
5. 器に3を入れ
  食べる直前に
  ラー油をかける。



アクセスアップ
posted by miew-miew at 01:38 | Comment(2) | スープ 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも見てます!
これからもがんばってください!!
Posted by タレント at 2011年08月09日 18:40
タレントさん

コメントをどうも有り難うございます。
とても嬉しいです。
お言葉を糧に頑張りたいと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
Posted by miew-miew at 2011年08月10日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: