このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2010年02月14日

冷え体質で痩せにくい身体を克服したい。

P2103912.jpg
アンチエイジング世代になると特に?あらわれるかも
しれない
「何をやっても痩せられない!!??」
その原因のひとつに冷えた異質があるそう。

冷えは、身体の機能の低下を表し、
例えば食べたものがしっかりと胃腸で消化吸収され、
栄養として、身体をめぐり、エネルギーすなわち熱になり
余分なものをスムーズに排出すると云う
代謝がきちんと出来ていない場合等が太りやすく
しています。(涙)

ですので、冷えた異質は、冷え性ではなく、
冷え症として、漢方では、4つの症状に分かれるそうです。
そこを克服して痩せ体質へそして美しくなりたいもの。

体質その1として
虚弱体質があげられます。
それは、
食べ物を熱に変えられないので、脂肪が溜まりやすい
タイプです。

まずは、胃腸を整え、元気を補う効果のあるものを
食べ、刺激の強いもの、甘味の強いもの、
冷たいものは、避けて、身体にパワーを与えるため
朝食はしっかり食べ、食事は胃腸に負担をかけない
為に、よく噛む事が大事で、
食べたものが、良く消化された状態で寝るため
夕食を早く、そして睡眠を充分に摂る生活をしてください。

本日のアンチエイジングクッキングレシピです。

ホウレン草で、値を増やし、便通を良くし、
豆腐で身体を潤し、豚肉で滋養します。

豆腐のラザニア

二人分 
豆腐  1/2丁

ミートソース
にんにく 1片 スライス
唐辛子
豚肉挽肉 150g
玉ねぎ 50g スライス
トマトケチャップ 大さじ1
ウスターソース 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
コンソメ顆粒 小さじ1/2
水 50ml
バター 15g
ホウレン草 1/2束 茹でて切る
チーズ

1. フライパンにオリーブオイル(分量外)をひき
  にんにく、唐辛子を炒める。
2. 香りが出てきたら、玉ねぎ塩を加え軽く炒め
  挽肉を炒めやキメを付け、ケチャップ、ソース
  オイスターソース、コンソメ、水を加え、沸騰
  したらバターを加え更に煮込む。
3. グラタン更にスライスした豆腐を敷き詰め、
  ホウレン草、ミートソースの順に重ね、とろける
  チーズを乗せ、200℃のオーブンで、15〜20分
  チーズに焦げ目がつくまで焼く。
  (もしくはオーブントースターも可能です。)


アクセスアップ
posted by miew-miew at 13:45 | Comment(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: