このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2010年01月11日

今日からの冷え性対策のポイント

PC233638.jpg
バランスの良い食事は、
冷え性にも効果があります。
甘いものの食べ過ぎは、
冷えにもつながるので注意しましょう。

また、刺身や、生野菜サラダも量を考えて。
そして、冷やす食べ物は、夏野菜や
温かい地方で採れるものです。
しじみ、カニ、大根、キュウリ、茄子
白菜、トマト、バナナ、みかん、ワカメ
豆腐、柿等

身体を温める食べ物は、その逆で、
冬野菜、寒い地方で採れるもの
鶏肉、海老、さんま、チーズ、かぼちゃ
生姜、にんにく、味噌、ネギ、栗、餅米等

☆首とお腹を守る。
 首の後ろ、お腹周りは絶対冷やしてはいけないポイント

☆足首も
 下半身も特に温めたいもの。
 特に足首を温めるのが大切。

☆下半身を鍛える
 ちょっとした時間を利用して、
 つま先立ちでも効果があるそう。
 エアー椅子やスクワットで
 運動により血流UPです。

☆お風呂に入る
 38〜40℃のお湯に
 30〜40分かけてゆっくり。

☆夜は、温かい飲み物だけ
 冷やすものは、コーヒーや
 緑茶は、ホットでも身体は
 冷えてしまうので、
 紅茶、プーアール茶
 ココア、豆乳などを。

本日のアンチエイジングクッキングレシピです。


チキンのロースト にんにくとケーパーソース

材料  4人分
鶏胸肉 4枚 (半分切り、皮と骨はつけておく)
オリーブオイル 1/4カップ
にんにく 4片 みじん切り
ローズマリー 大さじ2 刻む
イタリアンシーズニングかプロバンスハーブ 大さじ1
岩塩 小さじ1
ケーパース 大さじ2
チキンを焼いたときに出た肉汁とにんにくとケーパース
小麦粉 大さじ2

白ワイン 1カップ
チキンブイヨンと水 1カップ
トマトの角切り
ローズマリーの枝


1. 鶏肉とその他の材料をボールに入れ混ぜる。
 少し持ち上げながらよく混ぜ、均一に(その他の材料が)
 付くようにする。これを数時間前に行い、冷蔵庫に入れる。
2. オーブンを190℃に余熱する。
  大きなオーブンで加熱用のフライパンを中火で温め、
 4枚の鶏胸肉を皮を下にしてマリネした材料も加え、
 中火で焼く。
3. 中火から弱火で5から7分焼く。
4. フライパンごと余熱したオーブンに入れ、骨の面を20分焼く。
  鶏肉に火が通ったら盛り皿に皮を上に置く。
5. フライパンに残った鶏肉が焼けたときに出来た汁にバターを
  加え溶けるまで、中火で加熱する。
  小麦粉を加え泡立て器でバターと混ぜる。
  そこへ、ゆっくりワインとブイヨンと水を加え混ぜる。
  1、2分中火でとろみがでて、泡立つまで加熱する。
鶏肉の上にかける。
  ローズマリーの枝、トマトの角切りを添えて一度にお出しする。


遂に登場!アスタリフトのコラーゲン♪お試しサンプルはこちら



半額、送料無料の この機会に是非








アクセスアップ
posted by miew-miew at 11:18 | Comment(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: