このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2009年02月05日

体脂肪のおそうじは、代謝アップで

P2040379.jpg

寒さから運動量が少なくなったりして、
気がついたら脂肪を溜め込んでいることって
過去にあったような気がします。
(実際そうです。(涙))

このたまった脂肪を減らす為には、
代謝を高めて燃やすのが一番です。
ここで、
代謝が高くなれば、体脂肪が燃えやすくなるんですが、
そこに
欠かせない成分があります。
それが、
カルニチン。

体脂肪はそもそも酵素によって分解され、
血液にのって筋肉に運ばれ、
筋肉内のミトコンドリア内しか、燃焼されません。
この時に欠かせないのが、
カルニチンです。

そのカルニチンは、ラム肉や牛肉に含まれているのですが、
その際、繊維質のものと一緒に食べる。
もしくは、サプリメントを上手に使ったり
してみるのも効果があるそうです。

本日のアンチエイジングクッキングは、
ステーキです。

先日テレビで、ステーキを柔らかくする為に、
舞茸を切って、水に浸し、舞茸のエキスが、
でた舞茸水をザル等でこし、
その水にステーキを浸してから、
水切りをして、焼くと柔らかいステーキが出来ると
言っていたので、やってみました。

また、
その他の脂肪燃焼成分として、
マンゴージンジャー
茶カテキン(緑茶などに含まれる)
オクタコサノール (果皮などを被う食物ロウ(ワックス)
や小麦胚芽、アルファルファ、りんごやぶどうの果皮など
に含まれる)

アクセスアップ
posted by miew-miew at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック