このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2008年08月12日

乾きを癒し、毒素を洗い流すクエンチャーと日焼けローション

DSCF1640.jpg

乾きを癒し、体内の毒素を洗い流し
てくれるグレープフルーツとりんごのクエンチャー
の材料の一つグレープフルーツも
ビタミン豊富で、疲労回復にも役立つため
アンチエイジングに優れた効果です。
(因にクエンチャー(quencher)は、乾きを癒すもの、
または飲み物の意味です。)

また、今回日焼け対策の為の
アフターシャワーローションをアロマの香り
のレシピと共にお届けです。

グレープフルーツとりんごのクエンチャー
材料1人分
グレープフルーツジュース 250ml
リンゴジュース 125ml
レモンジュース 1個分
作り方
全ての材料を混ぜ、すぐ飲む。

アフターシャワーローション

ラベンダーは日焼けを鎮めるのに最適。
それは、日焼けも火傷の一種。
はじめてアロマセラピーが、この世にでた
きっかけは、ラベンダーオイルが火傷に効果が
あると発見された事からなのですから。。。

一日の終わりにシャワーを浴びて、リフレッシュ
してから、このリラックス効果と日焼け対策を
しながら眠りにつくのはこの上ない幸せ。

 
材料

  精製水          100ml
  植物性グリセリン     小さじ4分の1
  ラベンダー    2滴
  プチグレン    2滴 
  スイートオレンジ 1滴
  レモン      1滴

 作り方

 1. 植物性グリセリンをふたつきのびんに入れて、
   その上にエッセンシャルオイルをたらし、
   振りながらよく混ぜる。
 2. 精製水を加え、上下に強く振り、よく混ぜる。
 3. 化粧水用びんに移す。

メモ;プチグレインのエッセンシャルオイルは、
   ネロリ1滴に変える事も出来ます。
   


アクセスアップ
posted by miew-miew at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック