このブログでは実際にわたしが作った アンチエイジングに効果があるもしくは なかった料理をアンチエイジングクッキング の基礎知識とともにお伝えしていきます。 あなたのアンチエイジングライフに少し でもお役に立てたら嬉しいです。

2008年06月15日

アンチエイジング(老化防止)の「スーパー-フード」

アンチエイジング(老化防止)の「スーパー-フード」は何ですか?



アボガド

アボカドは高脂肪ですが、その多くが良い単独不飽和系です。(そのタイプは、酸化に抵抗して、他の食物の中に脂肪を中和するのを助けます)。 また、アボカドを食べるとコレステロール値が下げられるのに役立ちます。そして、 アボカドはカリウムと同様にビタミンB2、B3,B6,C,およびEが、多く含まれています。

木の実
ブルーベリー、ブラックカラント、木イチゴ、およびクランベリーはすべて大量の酸化防止剤を含んでいます。 また、ブルーベリーとクランベリー両方が、尿路感染力の回避に役立ちます。


ブロッコリー

ブロッコリーは癌や病からの保護を助けることが出来る、大量の酸化防止の組み合わせと、ビタミンC、ベータカロチンも供給しています。そしてまた、葉酸塩、繊維質が豊富に含まれています。 生で食べるもしくは、軽く調理するのが最も効果的です。


キャベツ

キャベツ(白菜を含む)は抗癌と酸化防止剤化合物を含んでおり、1ヶ月に1度キャベツを食べる人より、1週間に1度キャベツを食べる人の方が、結腸癌が進行する機会が66パーセント少なくなるというデーターがでています。 また、ビタミンCと食物繊維がとても豊富に含まれています。 最も良い結果を出すためには、生もしくは軽く調理された状態で、食べましょう。


にんじん

にんじんはビタミンA、Cと食物繊維が非常に多く含まれています。 1日に2、3本のにんじんを食べると血液コレステロールを最大10パーセント下げる事ができると発表がありました。 また、ベータカロチンはにんじんで、多種の癌に対する攻撃を活動的にしてくれます。


柑橘類

オレンジは自然な抗癌、抑制剤の完全な詰め合わせになっており、健康な皮膚に不可欠なコラーゲンを作るのを助けるビタミンCが豊富に含まれています。また、それはバクテリアの感染の防御するように身体を維持するこの助けます。そして、グレープフルーツは、アテローム性動脈硬化症(動脈硬化)を防ぐのを助けたり、コレステロールを劇的に減らすユニークな繊維質のタイプをも含んでいます。




特に鮭、カジキ、アンチョビ、にしん、サバ、イワシ、まぐろは、オメガ3脂肪酸の最も多く含まれる源として有名です。


生姜、うこん、黒胡椒

生姜は、体内の流れを活発にし、吐き気、むかつきを防ぐ手伝いを行います。うこんは、抗炎症、酸化防止として肝臓に機能し、黒胡椒は、血糖値を安定させるのを手伝います。


高齢人参
高齢人参は免疫力、心身健全、ストレス対応の為の強壮剤として使われるハーブです。また、早期老化を防ぐのにおいて有益であるとが研究により示唆されています。


ぶどう

赤と黒ブドウは老化と病気を促進する遊離基(フリーラジカル)を防ぐために一緒に稼働するとされている、20の有名な酸化防止剤を含んでおり、 酸化防止剤は皮と種子に含まれています。


緑茶
緑茶は酸化防止剤が豊富に含まれています。 1日あたり1、2杯飲んでいる人は、ある種の癌の危険性を低めるとの研究発表があります。


豆科植物

豆科植物の定期的な摂取、(特にレンズ豆と大豆)が癌の危険を減少させるとの研究発表があります。 大豆は、低脂肪の高タンパクで、みそや、豆乳、豆腐、テンペなどの食物中に多く含まれています。


たまねぎとにんにく
たまねぎ、にんにくは、癌を予防するのを助け、血液の固まりをくずし、血液をさらさらにし、良性なHDLコレステロールのレベルを増加させます。 また、反バクテリアと抗炎症剤要素がある為、風邪、インフルエンザを寄せつけない助けをします。 あなたがもし、インフルエンザの悪い症例が出てくる時、つぶした生のにんにくをパンに挟んでサンドイッチを作って食べてみて下さい。効果がありますが、あまり人に会わないような週末に行った方が良いと思われます。


赤ワイン

1杯の赤ワインは心地よさをあなたに与えるだけではなく、悪性のLDLコレステロールを最大46パーセント引き下げ、良性HDLコレステロールを最大24パーセント増加させて上昇させることが出来るとの発表がありました。


海草
海草の最も一般的な品種は、昆布、若芽、海苔です。 海草は、コレステロールを破壊するのを手伝う酵素と、豊富な酵素を含んでいます。また、さまざまな癌を予防する助けに有効であるとの発表があります。昆布をだしとして、スープや鍋に使うことは、栄養価を増加させる事になるでしょう。


ホウレン草

ほうれん草は癌を最も防ぐであろうとされている他の緑黄色野菜の中でもずば抜けて効果がある食物です。ほうれん草は、酸化防止剤が大変豊富で、葉酸塩も高い比率で含まれています。


トマト

トマトの赤い色からくるリコピンが最も豊富に含まれています。リコピンは生のトマトより煮たり、缶詰にした方が効果が大きいです。 近年では、リコピンが老人の精神的で物理的な機能不全を防いだり、前立腺、膵臓、頸部の癌の危険性を減らす効果があることが研究発表されています。<

アクセスアップ
posted by miew-miew at 22:03 | Comment(0) | アンチエイジングのスーパーフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: